【 堀部伸也のランニングショット 】 #2

ももひき始めました。

どうもこんばんは。motomanです。

先日、増上寺にて開催された天祭一◯八も無事終わり
早朝に帰宅し、夜から窯焚きに駆けつけました。

その窯焚きも終わり、怒涛の 2ヶ月 が終わりを告げました。
明日あたり腰を据え、メールやメッセージなど返信させて頂きます。
スミマセン。

b0161715_043934.jpg

昨晩、私はこのような場所に居ました。
待ち合わせにもってこいの ? 近鉄奈良駅の行基噴水というらしいところです。

行基は私が住む大阪狭山市にある、国内最大の人工溜池である狭山池を作った人で
という話は置いておいて
奈良の今を伝える放送局 DEERs NARA Channnel に出演する為でした。

b0161715_0431531.jpg

堀部 伸也さんと出会ったのは、今年の GW に大和郡山で開催された
ちんゆいそだてぐさ というイベントに出品したのがきっかけで
打ち上げで色々とお話させて頂いた際に共感するところが多々あり
まあ
このような有り難い機会を頂いた次第であります。

ちょうど
ちんゆいで一緒に出店していた、錫の工房アルチの哲生くんと
大阪は北の方で作陶されている万綾さんと一緒に
堀部さんの番組 " 堀部伸也のランニングショット " にお邪魔しました。


放送時間は 1時間 、長いようで短いアレで
内容はまあだいたい
関西の作家の今。というところでしたが
私のパートは非常にアレで
放送禁止用語が連呼される内容になりました。

興味ある方はご覧下さい。



b0161715_0432270.jpg

収録が終わり、哲生くんと万綾さんと一杯ひっかけ
あまりに熱が入ってしまい
気付けば終電を逃してしまったので…アルチで語り明かす事となりました。

b0161715_0432880.jpg

朝になり、私は今日ちょうど
幼馴染と遊ぶ約束をしていたので、そのまま市内へ。

b0161715_0433553.jpg

さくと鳥さんとロデオに興じました。

その後はバスケしたりサッカーをしたりバッティングセンターに行ったりと
この歳になって久々に良い汗をかいた気がします。

b0161715_0433977.jpg

男が集まれば晩飯は何故かラーメン率高し。

そんなこんなの 2日間 でした。

しばらくは雑用をこなしながら、またろくろに向かう日々を迎えようと思います。


元々ボソボソとしゃべる人間なので、放送のしゃべりが聞き取りにくいかもしれません。
次回は酒と煙草と共に放送する予定 ( ?? ) なので
腹から声出してリベンジしようと思います。
ていうか
あまりに内容の無い事をつらつらとしゃべってすみませんでした

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-30 01:09 | 雑記 : Diary

” マイカップ ” ころもがえ展

忙しい時ほどブログをきちんと書き
身体と共に頭も疲れさせ
より充実した日々としましょう。と言っておきながら

やっぱ無理ッスわ。
書いてる間あったら眠りたいッスわ。

どうもこんにちは。motomanです。

絶賛 窯焚き中の日々です。
結構キテます。

そんなわけで今日はサラリと告知をば。

b0161715_12214552.jpg

” マイカップ ” ころもがえ展

2013 10 / 25 ( 金 ) - 10 / 28 ( 月 )
wad craft apartment
13 ~ 20時
※ 最終日は 18時 まで

初日にはレセプションイベントも開催されます。

「 うつわ持ち込み談義 」

10 / 25 ( 金 ) 18時 ~

作家も参加するレセプションイベントです。
マイカップをご持参ください。 ( もしくは当日お買い上げの器でご参加下さい )
キャッシュオンにてコーヒーやお酒などお楽しみに頂けます。
どなたでも自由にご参加頂けます。

参加費無料

念のために書いておきますが
wad cafe ではなく wad craft apartment が会場です。
お間違えなく。


wad 常設作家の品がスラリと並びます。
これを機に、マイカップのころもがえはいかがでしょう。
一度にこれだけの作家のカップが見られるのも面白いものです。

私はレセプションに参加出来るか否か
非常にきわどいところで確約は出来ませんが、落ち着いた雰囲気の apartment で
気になる作家さんと珈琲をすすりながらお話されてはいかがでしょう。


以上です。

寝ます

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-24 12:36 | 展覧会 : Exhibition

恥ずかしながら帰って参りました

帰宅するまでが遠足ですよ。
マクドのポテトはおやつに入りますか。

どうもこんばんは。motomanです。

取り敢えず。
今しがた…無事に帰阪しました。

b0161715_5282887.jpg

行きは東京へ向かうトラックの群れに飲み込まれて 7時間 かかりましたが
帰りはちょうど 5時間 ほどでした。


天祭はこんなんでした。とか
皆さんお世話になりました。とか
名刺を整理して FB の申請送ります。とか
色々あるんですけれど、今晩 21時 から窯番なので
簡単に。

皆々様
大変お世話になりました。
楽しかったです。

小学生の感想みたいですが、取り敢えずこんな感じで…
泥のように眠らせて下さい…

無事に帰りました。という報告でした。

Zzz.....

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-21 05:28 | 展覧会 : Exhibition

天祭一◯八 - 現代日本ものづくり縁起 in 増上寺 -

今日は朝から普限窯の窯詰めでした。
明日で窯詰め終了、 19日 から焼成開始ですが
私はイベントで展示 ・ 販売しておる為
3日目 からの窯焚き参加となります。

というわけで。
今日も告知です。

どうもこんばんは。motomanです。

白白庵 が公募していた 天祭一◯八

写真 ・ 書類審査が第一次審査で、選出されると会場にて展示 ・ 販売。
会場で最終審査があり、それを通った品が
増上寺現代コレクションとして寄贈される。というこのイベント。

当初の予定では窯焚きと思いっきりブッキングしていて
作家在廊必須のこのイベントには…応募すら出来なかったのですが
窯焚き仲間の九谷チームの予定がつかず、窯焚きの予定がずれたので
思い切って応募してみました。

結果…一次審査通過。
グッと拳を握りしめ、しこしことろくろを回す運びとなったわけです。


Contemporary Chanoyu Exhibition in New York
田中 元将展 - Motomasa Tanaka Exhibition
モダン茶ノ湯のミタテ時間
湯呑み展


体感、ものすごく長い…濃厚だった怒涛の 2ヶ月 もいよいよ佳境
あとは増上寺の在廊を残すのみです。

b0161715_1524320.jpg

日本の文化と歴史をもう一度見つめ直し、 " 豊かな " 美術工芸 ・ 芸能文化をさらに昇華させる為
ものづくりの源流が凝縮された社寺仏閣という場所に集え。
というのが趣旨で ( 私の解釈なのでアレかもしれませんが )
グランプリの品を増上寺現代コレクションとして寄贈する事で
文化の発展を狙ったイベントで、増上寺境内に会場が 3箇所 設けられます。

「 大広間 」 では
公募で選出された全国各地の作家による展示 ・ 販売。
同 ・ 奥の間では題字を手がけた書家 ・ 川尾 朋子氏の書の展示。

「 中広間 」 では
週刊モーニング連載中 へうげもの のスピンオフ企画
激陶者集団 へうげ十作 メンバーを中心とした美術工芸作家による展示 ・ 販売。

「 桐の間 」 では
全出展者による作品を一点ずつ集め
増上寺コレクションへの寄贈作品を選出する為の展示。

となっています。

b0161715_285650.jpg

私は
いつもの鉄器のようなアレと
薪焼成による品
白い品を少々持参しようと思います。

大広間での展示 ・ 販売スペースは 2畳 。
たった 2畳
されど 2畳 。

この空間に
私の審美感をどれだけ込められるでしょう。
かなりシンプルな見せ方をするつもりですが
さあどうなるでしょう。

少なくとも
とても良い経験になる事必至
天祭自体が第一回目という事もありますし
今更どう足掻いてもアレなので
楽しむ事を第一に、色々な出会いに期待しようと思います。


東京近辺の方はこぞってお越し下さいませ。
あなたにとって " 乙 " と思える品に出会えるかもしれません。
畳の上に黒い琉球畳を敷いてお待ちしております ( ???? )


天祭一◯八 - 現代日本ものづくり縁起 in 増上寺 -

浄土宗大本山 増上寺
「 光摂殿 」 大広間、 「 増上寺会館 」 3階中広間 ・ 桐の間

10 / 18 ( 金 ) ~ 10 / 20 ( 日 )
11 : 00 ~ 19 : 00 ( 最終日は 18 : 00 )

入場無料


しかし
結局 髪を切る暇もなかったし
胸を張って人前に出られるような一張羅も持たない私。
どんな格好をして行きましょう。

頭にタオル
ジーパンにユニクロ、サンダルはまずいッスよね

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-16 02:22 | 展覧会 : Exhibition

告知

先日のブログに記したよう
私はしばらく…展示 ・ 在廊 ・ 窯焚きと
制作出来ない日々が続きます。

嗚呼…
ろくろの上で土を触りたいです…が。
生で感想を頂き、既に一皮むけちゃった感があります。
とても大事な事ですね。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は午前中に素焼きの窯出し、そしてそれらを車に積み込み
今月の中旬から始まる普限窯での窯焚きに備え、エントリィしてきました。

時間の読みが甘いのは私の常です。
道中、何気にだんじり 6基 と遭遇するというアレで
wad の在廊に遅れてしまいましたが、何とか無事に一日を終えました。


そんなわけで ?
またも告知をば。

b0161715_23451639.jpg

「 しなやかな陶 」 同時開催 「 湯呑み展 」

10 / 14 ~ 11 / 02

GALLERY wks.

大阪市北区西天満 3 - 14 - 26 - 1103
tel / 06 - 6363 - 2206

b0161715_2345291.jpg

2つ の展示を同時開催で
私は 「 湯呑み展 」 のみの展示です。

あれは 2年前 だったでしょうか ?? ( 3年前 かもしれません )
多治見で開催された " 夏の IKEYAN★ " に参加した際
帰りに かのう たかお さんの車で京都まで乗っけて頂き
Facebook でも友達登録して頂いておるのですが。

数週間前に GALLERY wks. の湯呑み展の公募の記事をシェアしてらしたので
企画コンセプトを見てみました。


「 湯呑み展 」 では、日常的な “ 湯呑み “ という型のなかで表現される陶の多様性を見せたいと思っています。
「 しなやかな陶 」 のタイトルが示すように
陶による表現の幅広さ
その懐の広さ
伝統と革新の葛藤をも呑み込む 「 陶 」 の魅力に、あらたな視点が開けることを期待しています。


陶芸の魅力のひとつとして
成形のし易さがあると思います。

私は金属的な肌合いのものを作っていて、一見して
これ何ですか ? 鉄器ですか ? と訊かれる事が多々あります。
金属工芸は体験した事がありませんが、私の作っているようなものを鉄で作った場合
それはそれは手間の掛かる仕事になると想像出来ます。

そもそも日本の古き陶器を追ってみると基本的に
金属器の代替品として作られたものがほとんどで
その形の源流は金属器にあり、伝統的な形を持つものの多くは
そういった金属器の形の一部を色濃く残す箇所が多く見られます。

つまりは
私がしている事は脈々と受け継がれてきたものの…まさに逆行しているものなのではないか。と感じ
そこらへんどういった評価を受けるのかが興味があったので
参加した次第です。

会期も長いので
お近くの方は是非ご高覧下さいませ。

ロケーションはマンションの最上階、空間はシンプルでゆったりとしたホワイトキューブ。
会場もユニークです。

b0161715_23473990.jpg

続きまして。

< モダン茶ノ湯のミタテ時間 >

10 / 11 ~ 17
恵比寿三越アトリウム 2階

主催 : RAWS Co.,Inc
総合ディレクター : Fumiyuki Okubo
Woman’s style監修 : 馬場宗由
Men’s style監修 : Fumiyuki Okubo
アシスタントディレクター : 米津いつか

b0161715_2347562.jpg

総合ディレクター & Men’s style監修

Fumiyuki OKUBO

1976年 生まれ
畳職人の家系に生まれ、小さいころから 「 日本文化 」 や 「 伝統工芸 」 に触れる。
映画製作や起業を経験するが、原点に戻って活動するため、アパレル業界にてバイヤーとして活躍後
2004年 より不動産業界での周辺ビジネスの組成、調査業界に学ぶ。
2007年 より茶道家木村宗慎に師事。
家業を継承し畳職人三代目襲名を機に、茶ノ湯の世界を中心とした空間デザイン、プロダクトデザインを行う。

2013年 ミラノサローネにも出展、日本の伝統や芸道をサンプリングしたディレクションやパフォーマンスでミラノでも注目を集める。
同時に
美術品 ・ 茶道具の販売 ・ 茶会の運営、百貨店 ・ ギャラリーでの演出から
レストラン ・ ホテルともコラボレーションするなど、幅広い演出でニッポンを表現するアートディレクター。

b0161715_2348529.jpg

Women’s style監修

馬場宗由

1997年 より東千家の堀田宗千に師事し、 2009年 に宗名 「 宗由 」 をいただく。
茶道歴 16年 。
茶人 「 宗由 」 として現代美術や音楽、舞踊など様々な分野のアーティストとともに
カフェやギャラリー ・ 古民家などでお茶会イベントを開催。
2008年 より西川流日本舞踊、西川雪乃に師事し、和の身体性について学ぶ。
2012年 1月 より、初心者向けの茶道体験教室を主催。

2012年 9月 には、ドイツ フランクフルトで開催された水墨画家 Tamayo Samejima の個展 " The Secret Garden " にて
「 お花のお茶会 」 を開催。
お茶会やお茶教室では、季節や各会のテーマに沿ったオリジナルの和菓子や料理を自身で創作。
その他、アーティストの個展のレセプションパーティやアートイベントで創作料理のケータリングを行う。
心通う一服の茶を。静謐で清らかなお茶の空間を心を込めて作ります。


という感じで。
実は始まってしまっています。
東京近辺の方は遊びにいらっしゃって下さい。

私は
抹茶碗 ・ 茶入 ・ 砧花入 ・ 酒器などを主に出品しております。


湯呑み展は在廊未定で
モダン茶ノ湯のミタテ時間は… 17日 に行けるかどうか…調整中です。


明日は午前中に釉掛けからの本焼き開始
午後から wad の個展に在廊します。
最終日なので 18時 までとなっております。


告知ラッシュとなりましたが、諸々
どうぞ宜しくお願い致します

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-14 00:37 | 展覧会 : Exhibition

一段落

一段落つきました。
思えば面白い言葉ですね。

人生を一冊の本に例えるならば
その中の、たった一つの段落に過ぎないし
書き手にも読み手にも重要な間であるし
続きがある事も示唆しているし。

色んなニュアンスを持つ日本語って良いですなあ。

どうもこんばんは。motomanです。

というわけで。
怒涛の 2ヶ月 も終わりが見えてきました。
もう
もう制作しても焼成が間に合わないので
足掻こうにも足掻けないところまで来ました。

あんなものやこんなものを作りたいなァ。というのは常に付き纏うことで
今回はここまで。ですが
次に備えて頭を整理しつつ、手はしばしお休みです。

b0161715_3292381.jpg

今日は朝からこういったものを削りました。
半磁の砧です。

以前 引き出しした半磁の砧の格好良さを忘れられず ( 自画自賛ってやつですね )
もっともっとやりたいな。と思って作った一品で
実はこれの他にもう一本あります。

黒泥の大砧もあるので窯焚きが楽しみで仕方ないですね。

b0161715_3292924.jpg

これがその黒泥大砧です。

どこが砧やねん。って言われると困っちゃいますが
ここ 2ヶ月 で色々な砧を作ってきた結果
自分なりの味というやつも少しずつ加えられて来たのかなァ。なんて思います。

これは薪窯に入れる予定のものなので、釉がどう流れるかを想像しながら削り出しました。
デロンデロンのギトギトになれば良いと思います。

b0161715_329353.jpg

こういったものも。

白が縦の動きであるならば
黒は横の動きがある方がしっくりくる。と感じているので
黒泥を使ったこのあたりのものは、堅牢さのようなものが表現できれば良いな。と思ってます。

b0161715_3293928.jpg

そんなこんなで
スケジュール上、もうしばらくはろくろを挽く事もないので
削りをする事も出来ません。

来週の展示に向けて準備しながら
頭の中の事を整理しつつ…ちょっとだけ身体を休めようと思います。

ろくろ挽きたいですが
今は我慢

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-13 03:44 | 陶芸 : CeramicArt

田中 元将 展 - Motomasa Tanaka Exhibition -

いつものように告知がアレしてますけれど
今日から個展が始まりました。

どうもこんばんは。motomanです。

家を出た頃、南大阪は夏の如く晴れ渡っていて
ラジオから流れる、大阪の北の方は大雨警報が発令されているという情報に
いささか不安を感じながら北上。
大和川を超えたあたりから雲行きが怪しくなり、次の瞬間には晴れと雨の狭間に差し掛かりました。
高速道路を走行中、大雨に降られ
10m 先が見えなくなるほどのアレで
それでもライトを点けない前走車にイラッときながら wad に到着。

しこしこと搬入 ・ 展示をして
開催時間の 13時 を迎えました。

b0161715_0364055.jpg

実は数年前、ちょうど自動車整備士を辞職
陶芸一本でやっていこう。と独立した頃に
堺の山之口商店街は夢庵という場所を自由に使って良いよ。とのお声を頂き
勝手に個展を開いた事があるのですが
右も左もわからない状態でやっちゃったもんで…当然、お客さんも来ず

あれ
もの作って並べたら売れるんじゃないの ?? と
今思えば…せせら笑うしかない甘い考えを正さざるを得なくなった事件がありました。


そんなこんなで
2度目 の個展でありながら
きちんとしたアレで個展をするのは事実上、今回が初めてとなります。

b0161715_0364762.jpg

こんなものや

b0161715_0365378.jpg

こんなもの

b0161715_0365930.jpg

こんなもの

b0161715_037414.jpg

を並べた結果
こういった感じになってます。


しかしまあ
初個展の時の記事を振り返ってみると
ある意味で大変面白かったです。

b0161715_2233432.jpg

DM用 に。と
直径 30cm ほどの大きな蓋物を作ってましたね。
これは未だ、何気に田中家の玄関に置いてあります。

白磁を突き詰めたい ! とか何とか言っていた頃で
結局のところ透明釉ですら必要ないのである。とかわけわからん事ほざいてて
無釉で焼き締め、ついた埃がなかなか落とせない一品となっております。

b0161715_2234458.jpg

こんなもんを作り、なかなか悪くないんじゃあない ? とか思い
調子に乗ってブログにアップとかしちゃって
もう
恥ずかしさの極みですね。

あまりに恥ずかし過ぎてリンク貼れません。
記事の内容も
おじいちゃんが観に来てくれました。
エビフライ定食を食べました。
以上。みたいな
アホですわ。


まあそのあたりも
ブログの良いところと言いますか
記録としての意味は充分、発揮しているので良しとしましょう。

b0161715_224638.jpg

小さ過ぎてつまめないつまみと
焼成で曲がってしまった、自立出来ない脚を持つこんなものを作り
脚が曲がっちゃったけど何かかわいいな。とか思ってたんだから
本当に救いがありません。

b0161715_224125.jpg

これなんかも
お。
フタの合わせ結構イケてんじゃない ? とか思ってた気がします。

水平出てへんやん。みたいなね。
ていうか
表面もっとキレイに仕上げようぜ的なね。


ある意味では面白いんですが
当時 自分がこういったものを作っては悪くないねえ。とか思っていた事を振り返ると
ゾッとして笑えません。
当然のように売れず ( 値の相場すら知らなかった時代の話です )
まとめて叩き割られてしまった品達です。



こういった事があっての今の自分だから云々…ってやつで
これが無かったら今に繋がってないわけで。
半分苦笑、半分感謝。ってやつです。


そんなこんなを色々経験した上で今回、個展の話を頂き
ふと
今 私が持っている技術を総動員し
再び白い蓋物に着手したのは…因縁ってやつなんですかね。
過去に感謝しつつも現在地を確認し、次へ進もうと
過去のヘコい自分に決別する意味があるように思います。

そう考えると
数年後…願わくばもっと近い将来
数ヶ月後にこの記事を読み返す事があったとして
また苦笑せざるを得ないほど

沢山のものを見
沢山の形を咀嚼し
沢山の経験を活かし
沢山の訓練を積み
これからも
沢山の " 今 " を重ねていきたいと思います。

夢庵での個展が無ければ
この個展も無かったのかもしれません。

そんな個展の告知です。

wad
〒550 - 0013
大阪府大阪市西区新町一丁目9 -14 2F
tel / fax 06 - 7505 - 2095
地下鉄四ツ橋線 四ツ橋駅 2番 出口より徒歩 5分
※ wad cafe のみで開催しております
wad craft apartment では開催しておりません

2013.10.9 (水)- 10.14 (月)
13 ~ 20時
※ 最終日は 18時 まで

以前、 Facebook の投稿で
9 ・ 12 ~ 14日 在廊予定と告知しましたが
都合により 12日 は在廊しておりません
 
お近くの方は遊びにいらして下さいませ

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-10 03:00 | 陶芸 : CeramicArt

常、試作

ベストを尽くさないと
短い人生
とてもじゃあないが時間が足りない。

されど
ベストを尽くし続けるという事は
人生で最も難しい事だとも思える。

自分が何処にあろうと
見下ろせば現在地が最も高い場所となるし
見上げれば…更に険しい道の存在を知る事となる。

目を瞑ればいつでもゼロに帰結するし
限られた時間の制約の中
最大値が幾つまで稼げるかは
その人の有り様であり
生き様と呼べるものであろう。

どうもこんばんは。motomanです。

継続はカなり。と言いますが
人は弱いもので
ついつい低きに流れてしまいがちです。

b0161715_3475969.jpg

ちょっとした思いつきと言いますか
ある意味リベンジでもあり
新しいものに繋がる糸口が見えそうな予感がして
こういったものに着手しました。

最近 色々とアイディアは浮かぶのですが
試作している時間がありません。
それでも
やって良くなければ目を瞑ってゼロに戻れば良いし
良ければ見っけもん。

ほんの十数分の事が新しい道を示してくれるかもしれないし
扉を叩くだけに留まるかもしれません。

やるかやらないかは…その人次第で
雲泥の差があると思います。


取り敢えずやってみる事にしました



無理くせえええええええええええええええええええええええええええ

っていう。


挫折を感じた今宵はこんな気分です



ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-05 04:36 | 陶芸 : CeramicArt

Stress

もしや。
とピンと来た事があり、ネットで調べてみたらば。
ハズレでした。

私が天見の作業場に行くと…とんでもなく頻尿になる。という話を以前チラッと書きました。
その原因は何なんだろうなァ。と考えていたところ
ずっと同じ ( お世辞にも健康的だとは言えない ) 姿勢で長時間過ごしているからではないか。と思い立ち
エコノミー症候群について調べてみたんです。

精確な削りをしたい時、私は
目線を品と同じ位置に持っていきたいが為、ろくろの前にヤンキー座り ( もはや死語でしょうか ) して挑みます。
これが長時間に及ぶと…足は痺れ、むくみます。


これがもしかして頻尿の原因 ?
エコノミー症候群の症状に頻尿が無いか調べたわけですが
ありませんでした。
気のせいでした。


しかし

2004年の新潟県中越地震では
自動車の中で避難生活を送る人たちの中にエコノミークラス症候群の疑いで死亡するケースが相次いだ


という事実を知ってドキッとしました。
そんなに怖いアレだとは思ってませんでした。

時々 足を動かしながら削ろうと思います…

どうもこんばんは。motomanです。

11月 はゆっくりと制作しよう。と思ってましたが
何だかんだと予定が詰まってきました。

b0161715_5495634.jpg

取り敢えず…素焼き。

先に紹介した品々です。
釉掛けに神経を尖らせる品々です。

奥の
私が勝手に " 岡部 嶺男氏 風な形 " と呼んでいるもの。
2つ のパーツを繋げたといった事を以前、書きましたが
結果的に上手くいったようです。
乾燥し切った状態ではキレも入らず…素焼き後はどうでしょう。

本焼きを終えて問題無ければ
これと同じ作り方で色々な形が成形可能になります。

今月末の窯焚きでやりたい事がまさにこれで
いや、上手くいって欲しいですね。

b0161715_5504127.jpg

先日 差し入れで頂いたエクレアがあった事を思い出し
それを昼飯と決めた時に気付いたのですが。

似てますよね。

b0161715_55161.jpg

価値って人それぞれですが
目を背けたくなるような事象を、表現のツールとして用いた場合
疎んじられる事が多々あります。

ヒトが作った社会の中で、それらは変様し続けているように思います。
レトロなファッションが最先端のファッションとして改めて日の目を見たりする事もそうですし
オタクと呼ばれ、一線を引かれていた文化が大衆のものとなりつつあったり。

体重や体脂肪、コレステロールの数値は低い方が良いとされているし
身長や収入、学歴は高い方が優れているとされています。

数値で見ればそういった評価に一理ありますが、数値では計れないものに関しては
個人の価値観に依存するところが大きいように思います。


私の好みはどうやら…いわゆる
日の当たらない側にカテゴライズされる質のものが多いようで
まあ
でも好きなんだから仕方がない。
突き詰めれば " 美 " という片鱗をみせるかもしれんなァ。というアレがあり
最近こういったものに着手しました。

土にひたすら。
ただひたすらストレスを与え続け、ヒトの手では作り得ない形を模索しようと思っています。
土にとっちゃあ迷惑な話で
いや、もうやめて下さいよ。
どこまでいじめる気ですか。
JARO に訴えますよ。
という声が聞こえてきますが

まあまあ。
君が持っているものを、ヒトの手では作り得ない形としてヒトが作ろうとしているんだから
人柱に

土柱になってくれい。
と説得、ひたすらストレスを与え続けています。

過度のストレスで、土に含まれる水分だけが表面に浮いてくるほど…
10月中 になんとかある程度のレヴェルまで到達できれば
11月 のイベントに出せるかもしれないんだ…ッ
という声が土がどう解釈するかはシリマセン。

面白いのでどんどん作りたいですけれど
作り過ぎて時間が無くなる。という
いつもの悪いクセが出ない程度に続けてみようと思います。

テクスチャ重視のプロダクト。って感じですかね

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-03 06:22 | 陶芸 : CeramicArt

日々

いよいよ佳境です。
いや、未だ佳境前でしょうか。

よくわからなくなってきました。

どうもこんばんは。motomanです。

10月 に入ったところで何なんですが
11月 が待ち遠しいです。

理由は…
楽しみだけれど緊張するイベントが多く、 11月 には
かなり楽しみな話があり、それが待ち遠しいという
まァ 色々なアレです。

皆様に観て頂く機会は自分の審美感がどう評価されるのかを
生で試される場であり、その重要性はもちろんアレなのですが
何だかんだと
山に篭ってろくろ回している方が性に合っちゃうんだから困りモンです。

b0161715_442318.jpg

先日
塩辛い梅干し入れを紹介しましたが
楽しかったのでさらに作ってみました。

全て一点ものなので形も大きさも自由です。

これが食卓に置いてあったらどんな感じなんですかね。

b0161715_443076.jpg

水挽きしては

b0161715_443780.jpg

削り。

b0161715_4431526.jpg

水挽きしては…

b0161715_4432796.jpg

削り。

ただそれだけの日々です。
腰が痛いです。

また悪いクセが出てしまい
香炉に着手してしまいました。

小振りなものを 4つ ほど。

b0161715_4433361.jpg

ブログトップのプロフィール写真にしている香炉
とある方が買って下さったのですが
私としては珍しく
あ、これ手元に置いておきたいな。と本気で考えちゃった一品で
それ以来、その形と釉調を超えるものが出来ず
リベンジの意味も兼ねてやってみました。

その結果や如何に。

b0161715_4434386.jpg

このようなものも成形してみたり

b0161715_4434958.jpg

作り過ぎて処理に時間が掛かって
ひーこら言ってみたり。

ものを作れるって幸せだなァ。と思いつつ
段取りの悪さにため息が出ます。

b0161715_4435517.jpg

先日 紹介した花器の接着部ですが
今のところキレは入っていません。

このまま奇麗に乾いてくれれば…次の一歩が大きなものとなるのですが。
如何に。


New York の時差は -14時間 なので…
今ちょうどおやつの時間くらいでしょうか。

チラッと展示風景を Facebook で見ましたが
とてもスッキリした展示で
so gooooooooooooood な雰囲気でした。

沢山の方の目に留まり
どなたかのところへお嫁入りしてくれれば…最高なんですけれど。

これまた如何に

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-10-02 05:03 | 陶芸 : CeramicArt