<   2009年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

鳥の鳥

ヤッピー

どうもこんばんは。motomanです。

b0161715_21115210.jpg今日は相変わらずろくろを挽きました。
挽く時の手の形。
新たな形を発見しました。
大物を挽く時に使えそうです。

あと、
前々から気になっていつつも
実際やった事がなかった事。
軍手を着けてのろくろ挽きなんかもやってみました。
大物挽く時にとても効果がありました。

さらに!
なめし皮の使い方もまたひとつ改善されました。

挽けば挽くほど楽しいですね。

まあ先日も書いた通り、
鳥さんの家にデジカメを忘れてしまいまして。
写真はありません…
まあわざわざUPするほどのもんでもないですが。

b0161715_21121086.jpg代わりに
鳥さんの飼い始めた鳥の写真でもUPしようと。
そういうわけです。

見てくださいよこれ。
エサをデコにつけてどうすんだ。っつー話ですよ。
おめーはデコから飯食えるのか。ってなもんですね。
きっと飼い主に似たのでしょう(笑

何という種類かはすっかり忘れました。
鳥さんのとこに行く度に写真に撮り、
このブログでその成長を見守るとしましょう。

色んな意味でブログが濃くなってきましたね。
もはや何のブログなのかよくわからないです。はい。

ちなみに、この種類はオスならよく喋るのだそうで。
言葉を覚えるのを楽しみにしています。
"殿"という名前を付けられちゃったみたいなので
「近こう寄れ」
って言葉をしこもうと思っております。

「マチムスメ!チコウヨレ!」
ヤフオクあたりで高く売れそうですね

ブログランキングへ
↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-10-30 21:52 | 雑記 : Diary

滋賀 1日目 彦根

さー今日は…
てんすけさんと一緒に釉掛け、本焼き窯詰めをしました。
昨日、鳥さんとこの鳥の写真を撮ろうとカメラを持って行き、事もあろうか持って帰ってくるのを忘れてしまいまして。
明後日窯出しなので、その時にでも写真を撮ろうと思います…

どうもこんばんは。motomanです。

というわけで、代わりに先日の旅の写真でもあげてみましょう…
やっつけ仕事というやつです。

b0161715_22544942.jpg家を出て祖父母を迎えに行き、
そこから向かったのは。

彦根城です。
なんでやねん。
アレですね。
滋賀の旅館に行くだけでは時間を持て余すので、
ちょっと足を伸ばして…という話です。

まあ城は好きな部類ですので、身になりました。
ニットを深く被り、
石垣を穴が開くくらい眺めている私は…
傍からどう見えたのでしょう。

天守閣にも登りました。
彦根城と城下町の建設は慶長9年(1604)に始まり、
20年近い歳月を経て完成したそうです。
なんとも気の長い話ですね。

だがしかし、一度も戦をしなかったそうで。
なんともアレな話ですね。
20年もでっけー石や木材なんかを
運ばされた人々のつっこみが聞こえてきそうです。

火攻めを最小限に抑えるため、
軒裏にまで漆喰を塗ったり。
天守閣から攻撃できるよう、
矢を撃つ為の小窓があったり。
鉄砲を撃つ為の小窓があったり。

弓は引き絞る為、立った時にちょうど良い高さにあり、
鉄砲は屈んで撃つ為、これまた屈んだ時に
ちょうど良い高さにくるように作られていたり。
石垣の積み方なんかも2種類あったりだとか。

それ自体特に美しいとは感じませんでしたが、
その小窓の位置を外から悟られぬよう、
普段はキッチリ閉じておくみたいですね。

人を殺す為のチラリズムです。
悩殺は歓迎ですが射殺は勘弁願いたいところです。


b0161715_22551881.jpgこれは天秤櫓(てんびんやぐら)です。
表門から入り、
結構な斜面を登ったところにあります。

攻める方の事も考えてもらいたいところですよ。
ハァハァ言いながら斜面を駆け上り、
この櫓の下を通ったら。

上から石をゴロゴロと落とされます。
えらい事ですよ。
それをデンプシー・ロールでかいくぐったとて。
ドン突きを左手に折れ、
ようやくこの頭上の橋に行き着くわけです。

もちろん門は閉められているわけで、
そこらへんどう攻めるんでしょうかね。
戦国時代の攻城戦というのは…
とんでもない話です。

むしろ自国の大将の寝首をかく方が
幾分容易いのではないかと思ってしまいます。

こんなもんクリアできるのは
ジェームス・ボンドかセガールくらいなもんですよ。
マリオでもそこそこはいけるかもしれません。

ってな事に思いを馳せていました。


b0161715_22553245.jpgそして琵琶湖の南をくるりと回り、
無事旅館へ到着しました。

旅館からの眺めです。
琵琶湖が丸見えですね。

水平線を見たのはいつぶりでしょう…
どこか…こう、
開放される気がします。
開放された空間を見、心が開放される。
これは錯覚でしょうか。
理でしょうか。

ヒトは水から産まれたというのが
感覚として理解できる気がします。

まあ
そういった事を感じる「空間」だという事です。


b0161715_22554628.jpgこれがご馳走です。
色々ありました。

何が。ってあんまり覚えていませんが、
色々ありました。

私の記憶に残ったのは
近江牛
それのみです。

別段、肥えた舌を持っているわけではないので…
おいしかったです。
美味でした。美味。
という記憶しか残っていません;;
食わせ甲斐のない人間です。

どういう風においしかった。より
近江牛食った事あんねん。という。
記憶より記録派です。はい。



ま・そんな感じで。
気が向けば、翌日の神社巡りの様子もUPしようと思います。

…ひこにゃんに会えませんでした…

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-10-30 00:43 | 旅日記 : Travels

素焼き

てんすけさんが柿をですね。
これでもかとたくさんたくさんくだすったので。
2週間くらい毎日柿が出てきそうですよ。
ナメクジ並みの胃腸しか持ち合わせていない私にとっては…
なかなかの行かもしれません。

でもさっきいただいたらおいしかったです。
ありがとござます。

どうもこんばんは。motomanです。

b0161715_2249282.jpgいやー
久々に頭痛に悩まされております。

脳の鼓動がズンズン響くんです。
脈動がハッキリ感じられる。といったところでしょうか。
昔からの持病なので…まあ慣れてはおるんですが、
ここ最近ずっと治まっていたので…
持病の存在をすっかり忘れていました^^;
季節の変わり目なので気をつけましょう…

もしかすると久々に涙したからかもしれません。
なんで?って言われるとアレなんですが、
独りで映画を観たり、本を読んだりすると結構泣くんです。

私もご他聞に漏れず…典型的なシチュエーション、
犠牲愛に弱いようです。
まあ「犠牲」と「愛」はなんら関係性がないものだ。
と、頭ではそう思っているのですが、
涙が出てくるのは致し方ありません。
独りの時は垂れ流しです。


思い返せば、人の前で穴という穴から水が出るほど
泣いた事がないような気がします。
でもそれに近しい事があった気もします。
いや、実際あったのかもしれません。

何時・何処で・誰が居たのだろう。なんて事を考えながら、
今日は素焼きの窯詰めをしてきました。

そういった事が頭にこびりつき、
思考が囚われてしまう事自体、ちょっとお疲れなのかもしれません。

が。
ちょっとこの写真に写っている、
最上段の真ん中の…
フタものの躯体のかたちが気に入らんので。
明日からまたろくろを挽くとします。

といったところで今日はこれにて


ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-10-27 23:33 | 陶芸 : CeramicArt

花器 カキ 柿

えー。
3$さんがネームカード用の画像を作成してくだすったので。
貼り変えてみました。
著作権にひっかからないですかね…

どうもこんばんは。motomanです。

b0161715_23505866.jpgLink展7に出展したこの子。
嬉しい事に、買い手がつきました。

正確には「買い手」ではなく…
物々交換です。

同じLink展に出展していたYさんに気に入ってもらえたみたいで、
私もYさんの作品が痛く気に入っておったので。

MOCHIBEのお友達なので、間に入ってもらい…
物々交換を快諾してもらえました。

交換した作品は、
Yさんの許可を得られれば披露しようと思います。




b0161715_23511347.jpg よく、
何を入れるんですか。
と聞かれます。

正直のところ、作者本人別に考えてないです。

それが良い意味で働く事もあれば、
悪い意味としての側面がある事も否めないので。
ひいては
私が何故、フタ物に魅力を感じるのか。といった
制作に対しての核の部分がよくわかっていないからではないのか。
とも思えるので…

そういった意識を高めていこうとは思ってるんですけどね。
コツコツと地味に積み重ねる日々の考えが、
自分のもつ審美感とはこういうものである。
というところまで昇華できる気がします。


まあとりあえず。


てんすけさんのご実家で採れた、柿を入れてみました。


特に感じる事はありませんでした^^;

明日は素焼きです。
その後釉掛け、本焼きに入ります。

金曜日の夜から土曜日にかけて焼きあがる予定です。
今回は、かなーり久しぶりに白土を使ったので…
今までこのブログで紹介したものとは
また違ったものをご紹介できるかと思います








ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-10-27 00:23 | 陶芸 : CeramicArt

クルクルまるまる

滋賀に出かけて時差ボケですわ。
眠くて眠くてしゃーないッスよ。はは。

どうもこんばんは。motomanです。

b0161715_2593394.jpg今日もクルクルろくろの日です。

先日の写真使いまわしてんじゃねえか。
って感じですか。
ちゃんと違う写真ですよ。っと。

実質2時間半くらいですかねえ…
茶碗や鉢なんかを計40個ほど挽きました。

これってどうなんでしょうな。
虚弱体質なので。
挽いてはブフーッと息抜きし、
挽いてはチュパチュパと貴重な清涼飲料水を飲み。
休み休みで作っておるわけですが…

150分で40個でしょう。
単純計算でひとつ3~4分かかっているわけです。

まあ…
陶芸界の片隅でなんぞ蠢いているぞ。
ってな感じでひっそりと活動しているので、


b0161715_2594758.jpg比べる対象がなく。
はっきりとはわかりませんが…
挽くスピードは並なんですかねえ。

どっちかと言うと
ひとつのものに時間をかける派だと思うんですが、
土モノで一気に手早く挽く事を念頭に置いたので
こんなものかなあと思っています。


そして悪いクセが出ました。


茶碗と鉢を作ると心に決めていたつもりが。
結局最後の〆として…
フタものを挽いてしまいました。ブヒ。

色味や削りなど、完成形は全く考えていません。
挽きたかったから挽いたんです。はい。

電気代の節約だ。ってなもんで、
いつも部屋の電気は点けず、
スタンドライトのみで作業しているんですが。
写真に撮ってみると、なんか変に雰囲気出ましたね。
実物は普通ですけれどね。


いや、しかしろくろを挽くのは楽しいです。
最近改めてそう思います。

もっともっと上達せねば…と思いながら
毎日クルクル回してますが、
欲望は尽きません。
自分が作りたいかたちを思い描いた時、
技術不足で形作れないのはアレですから。

やはり日々修行ですねえ。

まあすでに技術不足で。
作りたいものが作れない状況になっているんですけどね^^


11/1にまた露店しに行くので、
今週は窯焚きをしつつの成形になります。

そういえばまた粘土を注文せねばなりません…
今まで貯めた軍資金、いつまでもつでしょうか!

ってな感じでここはひとつ

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-10-26 03:23 | 陶芸 : CeramicArt

報告

恥ずかしながら帰って参りました。

どうもこんばんは。motomanです。

いやー
なんだかんだと神社を堪能する事となりまして。
色々写真も撮りましたし…
日記をしたためようかと思ったのですが、大阪から滋賀へ出かけて…
何故かちょっと時差ボケ的な波に襲われておるので。
今日のところは寝るとします…

ふんわりと楽しみにしておいてください。

と、いうわけで今日はちょこちょこっと報告。
最近いじった事をまとめてみます。

・ネームカードの設置
 右に並ぶ「カテゴリ」の上に設置しました。
 何かよくわからないので説明は避けますが、そこに貼った写真が不評でして。
 夢見が悪い。だとか
 気持ち悪い。だとか
 浮浪者級。とか言われます。

 まあ全て当てはまっているので何とも言えません。
 このまま押し通す所存であります。

・LINKの追加
 同じく…
 右に並ぶ「カテゴリ」の下に、このブログを立ち上げた時からしっかりとあったんですが。
 ひっそりとLINKを貼らさせていただいているホームページがあります。
 ひとつは私がボチボチ本格始動させる、自分のネットショップです。

 そして先日追加したのが、
 学生の頃にお世話に?なった?
 徳島で陶芸をしている、とっさまの陶芸ホームページです。
 青藍窯と書いて「せいらんがま」と読みます。

 作品をたくさん見る事ができるので、一度見てください。
 私もギャラリー的なものを作らねばなりません…

 LINKに関しては、もうひとつ加える候補があるのですが。
 アクが強いのでタイミングを窺っています。

・トップ画像の追加

 追加と言いますか。
 元は何も貼ってなかったのですが。
 せっかくなのでひとつ、作品の写真を貼ってみました。
 何という事はありませんが、クリックすると大きなサイズで見られます。

 ちなみに作業場で撮った写真で、そばに咲いている花は藍です。
 藍染の藍ですね。
 小さく、ほのかな色味のあるかわいらしい花です。

・ブログランキングに参加

 少しでも多くの方の目に触れられれば良いな。という事でブログランキングというものに参加しました。
 「工芸部門」にエントリーしました。
 工芸部門にエントリーしているブログは250ほどで、どこまでいけるんだろうか…と思っていましたが。
 エントリーから5日で10位になりました。
 一重に皆さんの細やかなクリックのおかげでございます。

 ブログランキングというサイトから飛んできて、興味を持ってくれる方がいればありがたい事で。
 システムもよく理解はしていないのですが…
 一週間で投票していただいたポイントと、
 一ヶ月の間に投票していただいたポイントでランキングが決まるようです。

 まあ要は…
 ランキング・ポイントは全てが蓄積されるわけではありません。
 それだとランキングにエントリーしたのが早い人ほど有利で、覆す事はほぼできませんから。
 ま・そんな感じなので…小まめにポチッとしてくださると幸いです。

ブログに関しての課題が見え隠れしますね。
精進します…

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-10-25 02:42 | 雑記 : Diary

轆轤

最近天気が良いので。
お昼は…おかーちゃんが作ってくれたお弁当を、陶芸作業小屋の前であぐらをかき、
日光浴しながら独り。
おいしく食べています。

どうもこんばんは。motomanです。

b0161715_21254583.jpg今日は、
昨日ろくろ挽きしたものの高台を削りました。

夏だと半日何もせずに放置してしまうと、
乾燥しすぎて削りにくくなります。
そういった場合はビニール袋をかけたり、
濡らした新聞紙をかぶせてみたりと…
まあ余計な手間がかかるわけです。

これくらいの気候はありがたいですね。
朝からろくろを挽いて夜帰宅。
翌日の朝には即、削り始められる感じです。
今日は多少やわらか過ぎましたけど。


先日、てんすけさんがいらっしゃって
鍋の季節なので、
小鉢を作ろう。と話していたのですが。

b0161715_22173439.jpg何なんでしょうね。
大振りの飯茶碗を作ってしまいました…
食欲の秋ですし、
ちょっと手持ち在庫の茶碗がなくなってしまったもので。

削ったあとです。
2時間ほどかかりました。

私がよく使うのは
半磁土と呼ばれるもので、
これらは白土です。
どういった違いがあるかは…
まあそういった事は後々まとめてみようかと。

というわけで。
普段使わない土を使うのも新鮮でした。
また、それに合わせるかたちで
削り方なんかも…普段の私のそれとは
大幅に違った質のもので、
結構楽しめました。




土や釉薬も
普段のものとは違ったものを扱ってみると、刺激になりますね。
金銭的にアレなので、あまり遊び感覚ではバンバン試せませんが。

来週中に焼成するので、またお披露目しようと思います。

明日からちょこっと旅行に行って来ます。
ってな感じで。

ちなみにタイトルの
轆轤は、ろくろと読みます。はい

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-10-22 22:46 | 陶芸 : CeramicArt

ドゥーン

昨日は梅田の阪急百貨店メンズ館へ行ってきました。
私の一張羅は古着屋さんにて…300円で購入した半袖シャツなのですが。
あまりのアレさに業を煮やしたおかんに、
1着くらいまともなジャケット持っとかなあかん。
と言われまして。

お歳暮の申し込みをしに梅田へ出かけたおかんと待ち合わせし、なんとも高級感漂う
阪急メンズ館なるところへ行く羽目になったわけです。

どうもこんばんは。motomanです。

とりあえず…
暇を持て余した鳥さんがついてきました。
私とおかんと鳥の3人PTです。
よくわかりません。


最初に入った店で見たジャケットを何気に羽織ってみたんです。
まあまあだと思いましたが、いかにもお洒落着って感じで…どうも好みに合いません。
ダブル・ジッパーを閉めてくれた女性店員が、何故わざわざしゃがんだのか。
上から見ると、乳の北半球丸見えになるという状況に何故自ら飛び込んだのか。
そこんとこよくわかりませんでしたが、それはそれは良い景色であったので不問としました。
お世話になりました。

きっとはたから見ると、
手づくり石鹸屋のお試しコーナーで、女性店員に指の股までシコシコ洗われて喜んでいるおっさんと同類だったでしょう。

その際、一瞬乳から目を離し…チラリと値札を盗み見たんですが(逆ですかね)…7のうしろに0が4つですよ。
おいおい茶碗何個分だ?
と思うと同時に脱ぎ捨て、逃げるように店を後にしました。
似合ってるで。と言ったおかんと鳥は回し者でしょうか。


そこから数多の店を回り…
2着を候補に挙げました。
かなり迷いました。

Right-onで1万円のライダー・ジャケット買うのに1時間悩んだ男ですからね。
2万3千円もするジャケット買うには…そら迷いますよ。
世が不況なのは私のような財布の紐がクソ固い人が居るからでしょうね。はは。

まあ結局買いました。
今年の冬…否!3年後の冬も同じのを着ていると思います。


その後紅茶専門喫茶店にて、それはそれはおいしいロイヤルミルクティーを飲みました。
1杯800円ですよ。
ペプシ9リットル飲めます。

そこらへん鳥さんも同じ考えだったようで、水で薄めて量を増やし…2杯楽しみました。
まさに水増しです。
水を入れてようやく紅茶花伝のミルクティーくらいの濃さです。
いやあおいしかったです。


おかんとはそこでおさらばし、鳥さんとプリンタを見にヨドバシカメラへ。
結局下見だけで帰ろうかと思ったのですが、ミナミまで戻って足を伸ばし…ドスパラでマウスパッドを買いました。
これで私のコタツ机の天板が、これ以上ハゲる事はなくなるでしょう。


そして駅へ戻り、家への片道切符を買おうとすると…
「Excuse me」
ってなもんですよ。
思わず振り向いてしまった後、0.2秒で後悔しました。
Google検索並みの早さです。
だがしかし、その0.5秒後には頭を切り替え…
「思わず振り向いてしまった代償だ。
 乗りかかった舟だと思い、最後まで面倒見てやろうじゃねえか」的な発想で。
とりあえず
「ンーフ」と相槌を打ってみました。

笑顔で近づいてきた外人さんが
「Anybody English?」
と言うんです。
猫背を正し、
胸を張り、
私は
「Where do you want ドゥーン」
と言い放ちました。

本当は
「Where do you want to go to?」
と聞きたかったのですが(これですら合っているのかわかりませんが…)
やはり島国の国民性が出てしまったのでしょう。
テンパってしまったみたいで、どこからともなく「ドゥーン」という単語が口をついたのです。

なんでしょうね。
「チミは何処でドゥーンしたいのかね?」
ってなもんですか。
相手が村上ショージじゃないと成り立ちません。

真顔になった外人さんは私のドゥーンを無視し、券売機の「English」ボタンを0.2秒で発見し…
0.5秒後にはポチッと押していました。
私の方に向き直り、せめて…doneの意味も兼ねて
「ドゥーン」
と言ってくれればよかったのですが、
「Thank you!」
と普通に返されたので、
「ンーフ」
と会釈しておきました。

さすがにそこを「ドゥーン」で押し切れる度量はなかったです。
ま・そんな感じで…

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-10-21 23:38 | 雑記 : Diary

ブログランキング

今日は…これから必要なものを色々と調達すべく、梅田へ行ってきました。
何人の諭吉が天へ召されたのでしょうか!

どうもこんばんは。motomanです。

ブログの方もちょっと強化できんもんかと思いまして。
昨日はエキサイトのサービスのひとつである、
「ネームカード」というものを作ってみました。
右メニューのカテゴリの上に設置しましたので、お暇な時にでも見てやってください。
内容は何もありませんがね…

どうもこのネームカードを交換する事で、他のブロガーと交流を広げよう!
ってな事らしいんですが、私は他のブログをほとんど見ないので…
作ってはみたものの、特に効果があるようには思えません。はい。
まあ使える物はなんでも使っておくべきか。と思ったまでですね。はい。

ネームカードを設置する事で、アクセス解析の内容がより詳細になる。
と書いてましたが…よくわかりません。ありがとうございます。
おそらくブログに対してではなく、ネームカードに対しての話みたいなので…効果は期待できません。はい。

と、同時に…
リンクの貼り方なんかも目下勉強中であります。
制作と商売。
常に2つの観点から物事を考える事で、色々とやりたい事・やってみたい事があります。
それらをひとつずつ消化していこうと思っていますが!
HTMLタグとか見ると、口からキレイなもん吐いてしまいそうです。

その一環として、
ブログランキング 工芸部門に参加する事にしました。
このブログで発信できる事を、より多くの人に広められるよう、ちょこちょことなんやかんやとやってみます。

現在工芸部門には250ほどのブログが参加しているようで、
1日1人1回という制限つきで、ポチッとできるスイッチを設置します。
そのポチッと回数をランキング化するわけです。

これにより、ブログランキングを見て興味を持ち、このブログへ飛んでくる人が1人でも増えれば…
という事です。はい。
皆さんが毎日ポチッとする事で、私が世界を牛耳る第一歩を踏み出せるかもしれないという事です。はい。

「毎日1ポチ」をキャッチ・フレーズとしますので、
皆さん心を込めてクリックしてくださいね^^

では本日の1ポチ、どうぞ。
小さすぎて見えにくいかな。とは思うんですが…
一応「人気 ブログランキング」と書いてあります。はい。

追記:バナーを押すとブログランキングのトップページに飛びますが、押した時点でポイントは加算されてます。
開いたウィンドウは閉じて頂いて結構です

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-10-20 22:50 | 雑記 : Diary

Link展7 搬出

今日はドタバタしました…
いささか熱っぽく…持病の頭痛の足音が聞こえます。

どうもこんばんは。motomanです。

b0161715_0393685.jpg私の記憶力とはえらいもんで。

急遽出店する事となった、
堺まつりでの販売の告知をするのを…
すっかりアレしていました^^;

10/19の10~18時までやってましたので、
時空を超越できる方は是非お誘い合わせの上、
遊びにいらしてください。

堺まつりは規模の大きなお祭りで、
布団太鼓が目玉です。
地域によってその形やつくりに差があるようですが、
ふんわりと表現すると、
神輿の上に赤い布団が乗っている感じです。ええ。

まあ。
肝心のその布団太鼓は撮っていませんが…
こんな感じで、
町をあげてのワッショイ感が味わえました。

b0161715_1917100.jpg
販売風景です。
お祭りで人通りが多いので助かります。

堺のおばちゃま?大阪のおばちゃま?は
お財布のお紐がお固いので…
厳しい状況である事には変わりませんが。


そしてお昼過ぎ。
Link展搬出の為、京都へ向けてブーブーを走らせました。

なんとか搬出時間ちょうどに到着、
会場まで見に来てくだすったプロフェッサー・Iに
現地で現物を見ながら、直接感想をいただきました。
またも勉強になりました。ありがとござます。

梱包用のダンボールを、
堺まつりの販売所に置いてきてしまうという…
不手際がありましたが、シコシコと搬出作業。
16:30過ぎには出発。
再び、堺の販売所へ向けブーブーをブーブーしました。


プロフェッサー・Iに、車内で色々と…
不安に思っている事やこれからの方向性なんかについて、相談にのってもらいました。
共感を得て安心を得たいわけでもなく。
ものづくりの先輩であり、経験豊富なプロフェッサー・Iの考え方に、自分の考えを合わせるわけでもなく。
2人の人間が1つのテーマについて語り合うという作業自体、どういった事であるのかがハッキリとはわからないのですが…

人生で起こり得る色々な事、ひいてはそれが人生の真理であるような考え方。
というものがあると思います。
おそらくはそれが「秩序」と呼ばれるもので、ほとんどのヒトはそれらを大きく逸脱しません。
ヒトがヒトである所以であるとも思えますし、
ヒトに課せられた足枷のような気もします。
そして、ある一定の考えを持っている人は、多少のニュアンスの違いや思考経路は違えど、
到達するところは同じなんですね。きっと。

そういった意味で、車内での会話の到達点が似たようなところだったので
(おいおい…私とチミとの思考レヴェルが同じだなんて言うなよ。と怒られそうですが^^;)
つまりは安心したいが為の相談だった気がしなくもなく。
よくわかりません^^;

結果的には「なんかやる気が出る」といったところでしょうか。

まあ…私が一番課題に思っているのがまさにこの部分で。
ある事柄に対し、
自分の中で生まれる感情
ある一定の思考回路
なんてものを言葉(あるいは活字)にするのが苦手な部分を、これから徐々に鍛え直そうと思います^^;


そんな感じで。
堺に戻り、店番をやってくれたMOCHIBEとOさんと合流、本日2度目の搬出作業を終え。
何故かパツキン女性がウェイトレスをやっている中華料理屋さんで
120%典型的な中華料理を食べ、「創作料理」と書かれていた割り箸袋に疑問を抱きつつ…
帰路へつきました。

Link展の皆さん
堺まつりで売り場を提供してくだすった、ギャラリーいろはにの北野さん
事もあろうか搬出を1日に2度も手伝ってくだすったプロフェッサー・I氏
不在時に店番をしてくれたMOCHIBE・Oさん

どうもありがとうございました。
これからもなんやかんやとアレすると思いますが、乗りかけた舟だと思い。
なんやかんやとよろしくお願いいたします。

自分の稼ぎもアレでヒーヒーなので…
まだまだ金銭的なお返しはできませんが…
おもしろいもんはお見せします。

お疲れ様でした
[PR]

by t_durden | 2009-10-19 02:07 | 展覧会 : Exhibition