カテゴリ:旧作業場 : Studio [SAV]( 30 )

2008/10 帷子

毎年この季節になると
冬はいつまでだったかな。と思います。
もうピークは過ぎたんでしょうかねえ。

どうもこんにちは。motomanです。

2008年 10月
b0161715_20452.jpg
鳥さんが謎なものを作り始めました…
b0161715_205620.jpg
直径3cmほどの円をひたすら切り取り。
適当な型に合わせ、組んでいきます。
b0161715_21291.jpg
半乾きになり、形が自立するようになると
型から外し、ただじっと乾燥を待ちます。
b0161715_211093.jpg
素焼き窯詰めです。
b0161715_211772.jpg
素焼き完了。
窯出しの途中の一枚。
この頃はまだ棚板がきれいですねえ…
b0161715_213638.jpg
施釉し、本焼き。
バラバラになるかと、少し心配でしたが
なんとか形が崩れずに済みました。
b0161715_214797.jpg
高台はありませんが、一応?きちんと自立します。
これは堺まつりで、お茶の心得のあるおばさまが買っていかれました。
懐紙を敷いて菓子受けにすると言ってましたね。
b0161715_215428.jpg
マリオが出てきそうな筒です。
何に使うの?と言われると…
ナプキン立てです。

意外によく出た気がします。


この月に私のつくったものの写真が一枚もなかったんですが…
何をやっていたのでしょう…
おそらく整備の仕事が年末に向かって忙しくなり、てんやわんやになっていたのでしょう。


今日窯の温度が580度まで下がっていました。
明日の昼過ぎあたりには窯出しできそうです。
昨日紹介したものの焼き上がりはどうでしょう…
期待と不安を込め、扉を開こうと思います

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2010-02-05 20:28 | 旧作業場 : Studio [SAV]

2008/09 顧みる

久々にSAVの歩みでも。

どうもこんばんは。motomanです。

2008年 9月
b0161715_1515870.jpg
作業場内が二つの部屋に分かれています。
お客さんが来た時は白く塗った部屋を。
主に自分が使う部屋は黒に塗りました。
私が主に使う場所、つまりはろくろ成形する場です。

部屋を白と黒に塗り分けるだなんて、尋常ではないセンスですが(汁
黒い部屋の方が…光が吸収されるので…
何と言いますか、霧散されるものがなくなるような気がして
集中できる気がします。
まあ気の持ち様でしょうけれどね。

お客さんには白い明るい部屋で作業してもらっています。
b0161715_152395.jpg
顧みる。というのは大事な作業で。
これなんて…今の私のそれとはフォルムが随分違います。
もったり?まったり?した感じが出ています。

変わるもんですなあ。
b0161715_1524820.jpg
これは飛びカンナを初めて使い始めた頃のブツです。
変なものつくってますねえ…全く何を考えておるのやら。
b0161715_153823.jpg
小さなパーツをいくつもつくり繋ぎ。
こんなものもつくっていました。
b0161715_1531739.jpg
何に使うの?
今なおよく言われるセリフです。
この頃から言われ始めていたわけです。

懐紙を敷いて、菓子受けにどうですか?と売り込んでいたのを思い出します。
b0161715_1533769.jpg
道具もろくにそろわないまま…
釉掛けをしているところです。
b0161715_1534487.jpg
この頃はよく、この釉を使っていました。
今でも使いますが…自分の中でちょっと見飽きてしまった感があります。
b0161715_154379.jpg
スプレーガンを使っての吹き付け。
b0161715_154111.jpg
お客さんが作った物だったので。
丁寧に丁寧に…
b0161715_1542658.jpg
そして焼き上がり。
これは確か…堺でのグループ展に出品した器たちです。

ひと窯まるまる同じ釉で焼き上げたのですが。
何故か…今でも謎ですが。
ちょっと発光しているかのように見えません??
こんなドぎつい色味ではないんですが…
まあ時間が経てば落ち着きましたけど。
b0161715_1544058.jpg
たっぷりと塗ってみた一品です。
娘さんが華道をされているというお父さんが購入くださいました。
花器に使うとおっしゃってました。

昨日の日記で、シャープさが欲しい。と書きましたが、
この時はこういうのも良いなあ。と感じていました。
"今"はシャープさが欲しいというだけで、
またこういった、釉を掛けた事で出てくる丸みも模索しようと思っています。
b0161715_1545031.jpg
これはシャープさを押し出した一品です。
これが一番気に入ってました。
残念ながらこの時のグループ展では売れず。
その後に出店したところで嫁入りしました。
b0161715_1545882.jpg
口縁をシャープにしてみた器です。
これで卵ご飯を食いたい。と、
初老の方が買っていかれました。
b0161715_155863.jpg
夏に遊びに来た学生が、釉薬を掛けに来ました。


振り返れば色々あるものですね。
記憶カのアレな私が、ご購入いただいた方を覚えている(なんとなくですが)のも面白き事です。

といったところでここはひとつ。
暦上では明日から立春だそうですが、まだまだ寒さは厳しさを見せるようです。
ご自愛下さいませ

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2010-02-03 19:21 | 旧作業場 : Studio [SAV]

2008/08 土練機

かなしいときー
かなしいときー
こいた屁が温泉街のかほりだったときー
こいた屁が温泉街のかほりだったときー

どうもこんばんは。motomanです。

真冬に真夏の日記を書くのも悪くないですよ…
2008年 8月
b0161715_1412154.jpg
先生がお手製の暖簾を作ってくれました。
b0161715_1412865.jpg
さあさあ何か運ばれて来ました。
b0161715_1413687.jpg
土練機です。
私は以前、車にスッ飛ばされた事があります。
その際に左手の甲の骨が小さく砕け…
あまりに小さく砕けた骨は、肉に溶け込むと言いますか。
分解されてしまうと言いますか。
消えてしまうらしいです。

といった塩梅で、1年半近くリハビリしていた事がありまして。
まあ今も常にそうなんですが。
茶碗を作るどころか、持つ事すらできない日々が長く長く続きました。

よって、私の制作にはこの。
土練機が欠かせないという事です。はい。
b0161715_1414914.jpg
鳥さんはなにやら…
薄づくりの陶箱をつくりはじめました。
b0161715_142128.jpg
私は私で喜色満面、土練り機でゴゴゴと土を練り。
大物を制作し始めました。
b0161715_1422165.jpg
Yさんは飼っている猫をオブジェにしました。
時計のとなりで念入りな乾燥中…
b0161715_142297.jpg
猫フェチ?なのか?
猫のエサ入れもつくっていました。
猫のエサ入れが猫っていうのは…いやはや。
b0161715_1424348.jpg
私もシコシコ制作中…
b0161715_1431390.jpg
整備の仕事の合間を見ながら。
大物も削り進めます。
この頃はまだ、ちゃんとした飛びカンナを使って飛びカンナしています。
普通のカンナを飛ばすようになったのは、コレらが終えてからですねえ。
b0161715_1432825.jpg
夏休みで暇だという事で。
出身校である、大阪芸大の生徒が遊びに来ました。

皆陶芸は初めてだという事で、小さなものからつくり始めました。


これだけ毎日寒いと…夏を待ち焦がれますが…
夏の写真を見ると、
汗かきすぎですね。

といったところでここはひとつ

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2010-01-21 21:55 | 旧作業場 : Studio [SAV]

2008/07 通路倉庫兼テラス

沖縄に来ていると、クリスマスムードとやらが一切ありませんね。
ホテル内にサンタが居ましたが。

どうもこんばんは。motomanです。

2008年 7月
b0161715_1271124.jpg
先日の続きです。
鳥さん夫婦が手伝ってくれました。
頭にタオルを被り、用意は万端です。
b0161715_1273727.jpg
前に立てておいた束に100角の柱を立てまして。
そこに…これまた100角の梁を渡し、骨組みを作ります。
b0161715_1285613.jpg
天板を張ってしまうと、作業がしにくくなるので。
皆に手伝ってもらい、オイルステインを塗布しました。
ココは湿気がものすごいので、防腐は欠かせません。
b0161715_1332439.jpg
オイルステインを塗り終え、天板となる合板を張りました。
b0161715_134639.jpg
その上に、屋根の下地材である…ルーフなんちゃらという防水シートを貼り付けました。
b0161715_1342828.jpg
予めオイルステインを塗っておいた板材を貼り付け、完成としました。
b0161715_1344114.jpg
下から見るとこういった感じです。
テラス兼屋根。
といった感じで。
通路に屋根をかけるのと同時に、物置としても使えるようにしたかったわけです。
b0161715_135677.jpg
猫好きなメンバーが何やらつくりたいものがある。と相談を持ちかけられましたので。
指導中であります。
b0161715_1351386.jpg
私は私で、迷いが見られるものをつくり続けています。
日々試作中ですね…
b0161715_135241.jpg
こんな淡い色を使い…シンプルなものをつくってみたり。
b0161715_1353046.jpg
いつもなら白味にするものを、私が使うはずもない派手目な色を使って焼いてみたり。
まあいろいろとやってみた時期ですね。


さて。
こうしてblogをロビーで更新していたところ、おじいさまに
「トイレどこにあんの?」
と、従業員に間違えられましたので…
ケーキ食ってきます。

晩御飯まで@1時間。
お腹が空きすぎております

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-12-24 20:16 | 旧作業場 : Studio [SAV]

2008/06 青緑

今夜はなかなか暑いですね。
えー、先日…今日から小旅行と言ってました。

私は今、沖縄です。
色々と写真に撮りましたが…ホテルのPCにSDカードを挿すところがなかったので。
また帰宅し次第、旅日記でもしたためてみようと思います。

というわけで、今日はまた例の続きでも。

どうもこんばんは。motomanです。

2008年 6月
b0161715_22283542.jpg
もうこの頃から、SAVは緑に囲まれます。
最初は新緑だ。と喜んでいられるのですが…
時が経つほどに、その緑は深みを増し。
手のつけようがなくなるほど、生き生きと伸び倒します。
b0161715_22294746.jpg
こんなものをつくってみたり。
b0161715_22295733.jpg
色々なかたちを模索してみたり。
この中で、今も私の中で活きているかたちは…
ひとつですね。

先日の窯出しの時もそうでしたが、1窯焚いていったいいくつ気に入るものが出来上がるのか。
という話ですよ。
先日の窯で気に入ったものは3つほどでした。
それも…改善点がよくわかるものだったので、完品とは言えませんでした^^;

一歩一歩繰り返しです。
b0161715_22301298.jpg
と、内装がだいたい片付いたので…
リフォームに慣れ、暖かくなってきたとくれば。
新たに何か大きなものを作りたくなるというのがヒトの業です。
きっと。

そういったわけで、またも100角の柱を立てまして。
b0161715_22302213.jpg
束を置き、モルタルで固めました。
さてこれが何になるのでしょう。
b0161715_22303034.jpg
内装がだいたい終わったので、中身の作業は…
電気配線を残すのみです。

作業場完成まで、あと少し…?


ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-12-23 22:56 | 旧作業場 : Studio [SAV]

2008/05 窯小屋完成

明日からちょっとそこまで旅に出てきます。

どうもこんばんは。motomanです。

2008年 5月
b0161715_22235450.jpg
窯小屋に扉を取り付けまして。
取っ手は…山に入って拾ってきた枝を使ってみました。
悪趣味の極みですね。
b0161715_22243593.jpg
入り口の脇に壁を作りまして。
一番下にブロックを積みまして。
これは後々アレになります…

その上に棚板を取り付け、物置としました。
b0161715_22244665.jpg
彼がなんぞつくっていました。
b0161715_22245495.jpg
私は私でよくわからないものをつくっていました。
迷いが見られますね…
むしろ迷いそのものがかたちになった感じでしょうか。

でもよくよく見てみると…今、気に入ってよくつくるかたちが見受けられます。
処女作と言えそうです。


といった感じでここはひとつ

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-12-22 20:20 | 旧作業場 : Studio [SAV]

2008/04 小皿づくり

羽毛布団を考えた奴。
お前は天才だ。

どうもこんにちは。motomanです。

2008年 4月
b0161715_22151378.jpg
電動ろくろを2台設置しました。
実はもう1台あるのですが、天板がいがんでいるという一品でして。
そっと放置してあります。
b0161715_22152843.jpg
私は湿台を使って削るのが苦手で…
よほどの事がない限りは、ろくろにベタづけです…
b0161715_22154135.jpg
この頃は何故か赤土をよく使っていました。
おそらく…
粘土を買うお金がアレで、学校を卒業する時に
余ったものをもらってきたのがたまたま赤土だった。というだけですが。

削り終えてこんな感じに。
何故お皿をつくっているのか…よくわかりません。
今でも皿が一番苦手で、ごく稀にしかつくりませんね。

大皿は好きで、よく挽くんですが。


明日はフタものの削りです。
がっしりと削ってきます

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-12-21 18:07 | 旧作業場 : Studio [SAV]

2008/03 まったりと…

この寒さは間違いなく…殺人級と呼んでしまっても良いんじゃあないですか。
片山さんが下山してきましたが、富士山はいかほど寒かったのでしょう。
不幸中の幸いというやつですか。
とりあえず片山さんだけでも助かった事はアレだったのでしょう。

やはりプロとして活躍するような人間は、精神力が違うんでしょうか…
脂肪が少なく、寒さには弱いはずなんですがね。

どうもこんばんは。motomanです。

2008年 3月
b0161715_22122752.jpg
3月もどうやらまったり過ごしていたようで。
冬眠ですね。
棚が完成している写真が残っていただけでした。


…ということでここはひとつ…


ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-12-19 22:12 | 旧作業場 : Studio [SAV]

2008/02 窯開き

今日はアーキッシュデザインにて講師の仕事へ行って来ました。
まあ…
例によってカメラを持って行ったものの、写真を撮るのをアレしまして。
アレです。

焼き上がりは年を越してからになりますが、楽しみです。
アーキッシュの方々、お世話になりました。
ありがとうございます。

どうもこんばんは。motomanです。

2008年 2月
b0161715_2261796.jpg
ようやく窯を購入する事ができました。
以前、メンバーの先輩がつくった引き出物を素焼きしました。

釉掛けの意匠はメンバーにお任せだったようで、
こういったものになったようです。
b0161715_2263937.jpg
大学の窯も経年の痛みはありましたが、それでもキレイに使っていました。
サラの窯は良いですねえ…
わくわくします。
b0161715_2265490.jpg
それから、メンバーが体験でつくったものや
私がつくったものやら、色々と詰めました。
b0161715_227525.jpg
そして初の本焼きです。
お金がなくて棚板が足りず…
一番上は、おまけでいただいた…割れた棚板を組みました。
寂しい事です;;
b0161715_2271690.jpg
設備を整える為にお金を貯めていた間、
自分がつくってみたいかたちというものを常に考えていました。

んが、いざ目の前にかたちとしてつくり出すとなると…
迷いが出てきまして。
自分が一体何をつくりたいのかがよくわからなかった時期です。

何か自分の武器になるような、味を探さねばならん。と
色々と試していました。
まあ今でもそうですけれど。

窯開きに合わせて、簡易的なお茶会をやろう。となったので
見よう見真似で抹茶茶碗をつくってみました。
天目釉を掛けました。

…昔つくったものを見るのは本当に恥ずかしいですね…
今の私なら、高台をもっと絞るでしょう。
振り返ってみれば今とは全然違ったものをつくっていました。
ぽってりした感じのものです。
まあこれはこれでアレとしましょう…
b0161715_2272512.jpg
SAVのメンバー、お招きしたお客さんを前に、
窯開きの挨拶をさせていただきました。

ようやくSAVの窯に火が入った月でした


ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-12-17 22:07 | 旧作業場 : Studio [SAV]

2008/01 のんびり

今日は本焼き窯出しをしてきました。
なかなか興味深い一品がありまして。
後日またUPしようと思います。

どうもこんばんは。motomanです。

2008年 1月
b0161715_21482661.jpg
リフォームを進めながらも…
陶芸をした事のないメンバーにちょこっと教えてみたり。
b0161715_21483686.jpg
当時メンバーだった彼がろくろを挽いたり…
b0161715_21484526.jpg
小屋裏の側溝が落ち葉で詰まらぬよう、竹でフタを作ったり…
b0161715_21485324.jpg
振り返ってみれば、
のんびりと流れたひと月でした


ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中です
  ポチッとクリックしてもらえると幸いです
[PR]

by t_durden | 2009-12-16 21:49 | 旧作業場 : Studio [SAV]