<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

#13 玄関

ちょっと用事があり、さきほど帰阪しました。
久しぶりに自室でキーボードを叩いています。

キーボードを叩くって気持ち良いですね。

どうもこんばんは。motomanです。

この 1ヶ月 、色々な事がありました。
窯焚きの仕事が 3つ 終わり
納品が終わったりで有難く頂戴したお金を建材に替えるも
次の窯焚きの準備で窯詰めをしていたり
11月 に出展するところの取材を受けたり
ご近所のおばちゃんと鍋をつついたりで
大工仕事をする時間が全く取れませんで。

大工仕事はおろか、なかなか作陶する時間が取れず
しかし締切は迫ってくるわけで。
この一週間はなんだかんだをこなしつつ
久しぶりに
本当に久しぶりに作陶に集中出来ました。

陶芸って楽しいですネ。
もうちょっとで
本業を忘れてしまうところでした。


さて
そんな中、鳥さんと予定を合わせ
これまた久しぶりに… 丸一日、大工仕事に費やせる日があったので
伊賀での改築の話の続きでも。

b0161715_22275534.jpg

本来ならば
居間と台所の床を私がキレイに 2枚貼り を済ませておくべきところでしたが
そんなこんなで時間が無く、全く進んでいなかったので
今回は玄関に着手する事にしました。

b0161715_22593276.jpg

これが元々の状態でした。

玄関まわりの床を全て剥がしてみると
この根太のラインが元々の上り口だった事がわかります。
それをおじいちゃんが改築、上り框 ( かまち ) の位置を手前に移動し
床面積を広く取れるようにしたようですが
玄関は家の顔。
空間を贅沢に使う事で、より良い雰囲気になるんじゃあないか。という話で
色々とアレしてみた結果
上り框は元の位置に戻る事になりました。

b0161715_2228173.jpg

この家を改築するにあたり、何が面白いって
私がしている事を言い換えると
おじいちゃんが手間とお金を掛けて改築した箇所を
私が手間とお金を掛け、元の状態に戻している。という点です。

改築を進める度、おじいちゃんが手を入れる前の元の状態へと巻き戻っているわけで
この建屋の魅力を過不足なく発揮したいんや。という私の
大義名分に似た想いの下
おじいちゃんすまねえ ! とか思うわけですが
こないだ遊びにいらした方から言わせると
現代的な建材で家の魅力が隠されているより
今やっている事の方が、ご先祖さんは喜んでるんじゃないか。という事で
ああ なるほど。
そういう解釈の仕方もあるモンだ。と妙に納得したので
おじいちゃん色はすっかり払拭
私色に染めてやろうと思います。

b0161715_2228649.jpg

使わない根太を排除、上り框を細工し
元あった場所へと嵌め込みました。

土間の広さが倍になり
何があるってわけではなく
スカッとした、空間を広々と贅沢に使った玄関へと変化を遂げ
なかなか良い感じになりました。

あとは例によって
床を 2枚貼り にして補強するわけですが
鳥さんに採寸と貼り付けを任せ、私はひたすらベニヤを切ってましたが
彼がズボラをこき、ベニヤとベニヤの接ぎ目を重ねてしまった事で
床鳴りが発生。
切ったベニヤはおじゃん。
掛けた時間は無駄に。
後日 私がやり直す事になりました。

彼はマンションの立て直しニュースを見て何を学んだんでしょう。


次回、私は居間 ・ 台所と
玄関の 2枚貼り を進め
鳥さんは居間の奥、窓の下の床貼りをする段取りにしました。

その次はいよいよ壁に取り掛かれます。
電気配線や家具などの配置も絡めて考え始めるところへと差し掛かります。
なるべくオシャレにしたいところですが
私にセンスという要素はあるのでしょうか。
色々と考えてみます。

b0161715_22282471.jpg

伊賀の先輩から鹿肉を頂いたので
ハマダ家に持ち込んで食べてみました。

生で食えるらしいぞ。
と言われ
え それって
毒味的なアレでお前が生で食って感想を聞かせろ。という意味だったのか
生で食うと美味いからオススメやぞ。という意味だったのか
私には判断がつかなかったので
ものすごい菌が潜んでいるかもしれん。と言いながら
刺し身にして食べてみました。
火の通ってないジャーキーみたいでものすごく美味しかったです。

残りは
ビーフシチューに入れたものとステーキにしたものとで食しました。
ハマダ両名いわく
この鹿は臭みが無くて当たり。という事だったようで
クセは多少ありましたが
腹いっぱい頂きました。

そういえば感想をメッセージで送るのを忘れていたので
この場に書かせてもらいます。

美味しかったです。
生でもいけました。
というか
生が一番美味しかったです。

また分けて下さい宜しくお願いします

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-10-24 23:21 | 改築: Renovation

普限窯 火止め

先日 普限窯の窯焚きが終わりました。
ちょっと間、お疲れさん休暇という事で
半日ほど寝倒し、夜中に伊賀へ帰って来ました。

どうもこんばんは。motomanです。

島ヶ原は夕刻を過ぎると、なかなかの寒さで
うそん。
未だ秋やのにこんな感じ?と思いながら
家中の窓や扉を、そっと締めざるを得ません。

このままでは眠る事すらままならん。と
窯焚きバイトで稼いだお金を握り締め
ふっわふわの敷き布団用パッドと
ダウンジャケットを掛け布団にしたような
シャカシャカなものを買いました。

帰宅し、喜び勇んでセットしようとした時
気付いたんです。

夏から使っていた… 
ひんやり敷きパッドをそのまま使っていた事に。


そら寒いで。とつぶやき
ひんやり敷きパッドを裏返しました。
今日 買った、ふっわふわの敷きパッドは温存しておきます。
暖かいパッドを温存ってのもアレですが
これからもっと寒くなった時、打つ手が無いと
生きる気力を削がれかねないからです。

ひんやりパッドの裏側でどこまで戦えるのか
楽しみです。

b0161715_00534002.jpg

そんなわけで
胴木間の穴という穴を閉じ
胴木は終了。
一の間へ上がります。

何ヶ月ぶりかで
ケータイでブログ書いてるんですが
写真のサイズは大丈夫なんでしょうか。

b0161715_00582175.jpg

小割りを投入しまくります。
バックファイアでえらい事になりますが
顔面と手先が限界を迎えるまで
とにかく投入しまくり、先ずは燠床作りです。

b0161715_01033804.jpg

ロストルとダンパーをいじり
一の間の焼成が始まりました。

私のパートナーは幸か不幸か
ほっかむりくまさんです。

b0161715_01064720.jpg

一の間を改造し
ロストルの口を大きくし
空気の供給量が従来の 3倍 ( 当社比 )になった事に加え
ブロワというアイテムも増設されたので
嫌ほど遊ばせてもらいました。

天井の高いこの一の間を
6時間 で目標温度の 1230℃ まで上げられたので
悪くなかったです。


今回も、ひと棚分だけ炭桟切の用意をしておいたので
ゴソゴソとやり始めます。

b0161715_01191857.jpg

言うて
ひと棚だけなので、すぐに終了。
金沢メンバーと私が炭を入れた後
備前で修行した中尾くんにチェックしてもらい
これにて一件落着。

第19回 普限窯の窯焚き
無事 火止め。と
相成りました。


今回は早焚きで
胴木間の目標温度 1270℃ までが
いつもより 15時間 ほど速く
高温域の時間帯が長かったせいか
歳を食ったせいか…
どっと疲れました。


伊賀での窯焚きの仕事がかぶり
行けないはずだった窯出しでしたが
予定が少し変わり、立ち会える事になったので
日曜日を楽しみに待ちつつ
大工仕事と料理に心血を注ごうと思います。


あと作陶な

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2015-10-17 00:34 | 薪窯 : Wood-fired kiln

超 ・ 練り込み

昨晩で
今回の窯焚きのちょうど折り返し地点あたりでしたが
私は中日で休ませてもらっていたので
水挽きしておいたものをせっせと削ってきました。

どうもこんにちは。motomanです。

奈良 ・ 京都組で夜から朝
朝から今晩までは大阪 ・ 彦根組が火を繋いでくれています。

私はいつものよう、 21 ~ 9時 の当番へ行きますが
今日のお供は金沢 ・ 丹波組です。
2年ぶり ( くらい ? ) に会える方もいらっしゃるので
楽しみにしてます。

b0161715_13474656.jpg

普限窯の窯焚きが終わると、次は伊賀で窯詰めと窯焚きがあります。
そこへ入れるものを作ろう。と思ってましたが

あれ

よくよく考えてみたらば…
どこにそんな時間あんねん。
って話になりまして。

必死こいて… 何とかやり切れました。
よかったですね。
相変わらず
スケジュール管理能力が微塵も成長しませんね。

b0161715_13475291.jpg

最後に余った土で
初めての練り込みでもやってみよう。と
ひとつ、こんなものを挽いてみたのですが
水挽きの段階でミスってしまい
土を練り直してみると
ただの混ぜ土になりました。
ありがとうございます。


削って
練り込みのマーブル模様が出てくる様を楽しみにしてましたが
また 時間ある時にやってみよ。と諦めておったところ
高台の内側だけ
しかも若干。
気にして見ないと気付かないレベルですが
一応 マーブル模様が出てました。

高台の内側だけ練り込み模様を出す。という
練り込み界に激震を走らせる
練り込みの新しい夜明けを孕んだ一品となりました。

初めてやってこれですから
次の練り込みはもう
怖くて作れません。


釉薬を総掛けするから意味ないねんけどな。



そんなわけで
残りあと 2回 。
まったり焚いてきます

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-10-11 14:18 | 陶芸 : CeramicArt

普限窯 窯焚き

人によっては
佳境に入ってから仕上げまでの 48時間 ぶっ続けで焚く方
短い仮眠を取りながらの 72時間 、独りで焚き切る方もおられると聞きますが
超人ですね。

私は
夜中 12時間 の窯焚きがしんどくなってきました。
歳ですかね。

最近、頻尿すぎて尿意で目が覚める事が増えましたし。

どうもこんばんは。motomanです。

今回の窯焚きは、窯が昇り調子で走り易い傾向にあり
温度を抑えるのに手が掛かります。

先日は小学生の日記みたいな内容だったので
今日は逆に
激マニアックな内容にしてみようと思います。

b0161715_11543534.jpg

前にチラッと書きましたが
今回もテーマが幾つかあり、そのうちのひとつが早焚き。
これも前に書きましたが、 19時間 で目標温度の 1250℃ に達し
取り敢えずひとつ。
到達地点を過ぎたのが一昨日の夜。

b0161715_11544330.jpg

昨晩の 21 ~ 9時 の当番に入ってきましたが
いかに燠を効率よく生産し
広い火床にいかに多くの燠を配り
いかに深い窯変を狙う事が出来るのか。
というところが、普限窯の特徴的な焚き方です。

高温域で還元雰囲気をキープしながら
効率的な燠の生産方法を焚きながら探す事が
最も楽しいところかもしれません。

火前の品には自然釉の流れが見て取れますし
棚の手前、火床最奥の大物にも充分なテカりが見られます。
早焚きのおかげで、いつもよりも 17時間 近く前倒しになっているので
根焼きの工程もとうに終えています。

よーいドン。
ガンガン燠を溜める始めるタイミングです。

b0161715_11544845.jpg

昨晩も窯が走り出し、昇温を抑えるところから入りましたが
ここで、ふたつ目のテーマが絡んできます。

焚き口の下に、燠の高さを調節する為の空気の供給穴があり
その下にロストルを設けてあるのですが
ロストルを全閉にし、空気の供給穴の開閉具合とダンパーの開閉具合
燃料の投入量 ・ 投入方法の差異だけで焚いてみる事で
燠の質がどのように変化するかを試してみよう。という話になり
昨晩は
ロストルの開閉具合を操作しない。という縛りがあった為
定石通り、ダンパーを徐々に閉めながら昇温傾向を抑えにかかったのですが。


胴木間から一の間に抜ける、狭間穴あたりで閉塞気味になってしまい
頻繁に窯鳴りが起こるようになりました。
ロストルは開けられないので、空気の供給量を増やす事が出来ないので
燃料を減らす事しか出来ませんでしたが、燠を増やしたいので
投入量を減らすのも望ましくありません。

しばらく焚きながら考えた結果
窯鳴りを抑える為にダンパーを開き
空気の供給量を減らす事で、薪の投入量を変えずに
バランスするところがあるかもしれない。という発想に至りました。

これ以上、窯が勢いづいてしまって
さらに走り出したらどないすんねん。というリスクもありましたが
腹をくくり、いざ やってみると
最初の 1時間 くらいは未だ若干、上がり調子でドキドキしましたが
ちょうど良いバランスのところを見つけられました。

一度の薪の投入で、温度推移の上下が 20℃ 以内で
1220 ~ 1240℃ あたりをキープ。
1クール が 約5分 ほど。
溜めた燠を配る間隔が 1時間半 ペース。
前に配った燠が燃え切らず、徐々に溜めていけるくらいの
気持ちの良いところを維持出来ました。


一見 定石から外れた事のように思っていましたが
無事にバランスし、安心してから反芻してみると
ひとつ、ロストルを触れない。という縛りがあったから不安だっただけで
理屈から言えば… 普通の事やなァ。と気付きました。

もし縛りがなければ
空気の供給穴を閉じた分、ロストルを開いて焚き
バランスの良いところを探していたと思います。
自分なりの焼成理論に一文加えられたかな。と
よー 遊ばせてもらった 12時間 でした。


今日は中日で、私は今晩 当番ではありませんが
ちょっと削らねばならぬものがあるので、制作タイムです。
夕方まで死人のように眠り、夜にモゾモゾ動いてきます。

しかし
今朝の 9時 に当番が終わり、未だ 48時間 です。

疲労感から言えば…
いつもの 72時間 あたりのそれです。


寝よ

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-10-10 12:39 | 薪窯 : Wood-fired kiln

普限窯 窯詰め

食欲の秋
読書の秋
芸術の秋。

いえ

秋は窯焚きラッシュの季節です。

どうもこんにちは。motomanです。

先日、普限窯の窯詰めへ行って来ました。

b0161715_17165439.jpg

伊賀での窯焚きがあった為、今回は一の間だけの窯詰めとなりました。

中尾くんと一緒に
せっせせっせと詰めました。

b0161715_1717483.jpg

温度計の接触が悪かったので
せっせせっせと修復しました。

b0161715_1717923.jpg

今回の窯焚きの、私の目玉はコレ。

火床に伏せた茶碗です。
心置きなく窯変してくれる事を願い
焚いてこようと思います。

b0161715_17171583.jpg

と言うか
昨晩が最初の当番で、攻め焚きやってきました。
私の得意とするパートだったので、せっせせっせと焚いてきました。

昨日の 9時 に火入れ。
21 ~ 9時 までの当番を終え、火入れから 24時間 が経過しました。

今回は早焚きなので
新記録更新なるか ! と
せっせせっせと焚いてみましたが
胴木間の温度計表示が 1250℃ になるまで 19時間 。
過去最高が 18時間 。

無念。

11月 には記録更新してやろうと誓いました。


そんなわけで
非常に眠たい上、今晩も当番なので
せっせせっせと寝ようと思います。

小学生の日記みたいな文章でスミマセン

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-10-09 14:36 | 薪窯 : Wood-fired kiln

#12 立つ

今年はしっかりと秋があり
季節の移ろいを
冬に向けての心構えをする時間がありますね。

どうもこんばんは。motomanです。

久しぶりに伊賀での話でも。

b0161715_22431730.jpg

ちょっと遡りますが、これが
床を破壊し終え、床下をキレイに掃除した時の状態です。

写真 手前が玄関なんですが
この頃は未だ、床があったんですね。
今は骨組みのみになってます。

b0161715_22443469.jpg

前にも書いたような気がしますが
きちんとした基礎が作られている場合は
根太の間隔が
303 ないし 450mm で区切られています。

理由は簡単。
ベニヤの寸法に合わせて根太を打つと
それらが自然と… 無駄の無い、ベストな長さになるからです。



この家は残念ながら
そうはいきません。

1本 の根太にベニヤとベニヤの途切れ目を持ってこないと強度が出ませんので
バラバラに敷かれた根太に合わせ、無駄にベニヤを切りまくらなければなりません。

これが作業の遅延をさせる、最も大きな要因となっていますが
言うても始まらんので、チマチマと実寸を計測。
ベニヤを切りまくります。

一枚目の捨て貼りを進めました。

b0161715_22433055.jpg

と言う事は
根太と根太の間に入れ込む断熱材も同様で
一枚一枚… 実寸を計測して嵌めこまなければなりません。
ハゲそうになりました。
マジで。
そして無駄な端材が出まくりました。

隙間には断熱用のモフモフを詰め込み
並行して 2枚目 を張り始めました。
ベニヤを全く切らず、生で貼れたのは 8枚 でした。

鳥さんと
生って素晴らしいな。
気持ちいいな。
と連呼しました。

b0161715_2244449.jpg

囲炉裏があったり堀コタツがあったり
中途半端な根太が大量にあったり。で
強度的にどうしても弱い箇所が出てしまいます。

1枚目 を横に流したとすると
2枚目 を縦に流す事で、ガッチリと強度が出るのですが
最も弱いところに最も強さを持たそう。と、鳥さんのカンピューターが決定した 1枚 を基準に
2枚目 をどんどん貼り進めます。

b0161715_22445584.jpg

これだけ切りものをするとは思ってませんでした。
お陰様で ( ? )
私のベニヤを切るテクが軒並み上がってしまい
鳥さんが採寸したサイズに
0.5mm 以下の誤差でびったりと合わる事が出来るようになりました。
ベニヤ切りのご用命は田中まで。

なけなしのお金で大量に購入したベニヤを湯水のように貼りまくり
ようやくこのような状態にまで持ってこれました。
床があるって素晴らしい。
立てるって素晴らしい。


次からは
未だ少し残っている 2枚目 を貼り進め
玄関まわりをどうしたいかを煮詰めながら
壁の施工へと着手出来そうです。

その後、電気配線や天井の仕舞いを考えます。
そう。ぼちぼち
建具や家具なども絡んでくる領域に入ってきました。
ここからは私のセンスを発揮できるところですが


そんなもんあんのか

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-10-07 19:39 | 改築: Renovation

てへぺろ☆ミ

題名で出落ち。って感じですが。
先日の窯焚きのその後。
ご報告です。

どうもこんばんは。motomanです。

明日から大阪で窯詰めからの窯焚き。という事で
先程、恥ずかしながら帰って参りました。
今日からしばらくの間、大阪で過ごします。


因みに、今回も写真は一切ありません。
残念でした。


24時間経過後 の 2日目 の朝。
おじいさまに
正直なところ、色々とアレで
目標温度到達まで、無事にいけるかどうかアヤシイです。
理由は
前にこの窯に火が入ったのが一年前で
窯の湿り気がハンパない事
昨夜の爆弾低気圧で、半分近い薪が… えらく濡れてしまい
使える薪の量が限られている事です。
状態の良い薪を用意できれば、やれるとは思います。
とお伝えしました。

元々 用意してあった 150束 では、おじいさまも不安があったようで
追加できるよう、段取りは組んでくださっていたらしく
コンディションの良い薪を追加できる事となりました。
加えて
体調も万全。
昨日の炙りに時間を掛け過ぎた事を反省し、今からの 12時間
全力で挑みます。
との事。

そのやる気に
弱気になってしまった自分を恥じました。

もうこうなったら
おじいさまにとことんまで付き合おう。
あの夜、弱気になってしまったのは
爆弾低気圧から逃げ場をなくし、パンツまでもがぐしょぐしょになったせいだ。
という事にし
おじいさまと同じ熱量で挑んでやろう。と心を決め
朝から夜までの 12時間 、どういった感じで焚いていくのかを事細かに伝え
島ヶ原へ帰って熱い風呂に入り、屁こいて寝ました。


夕方までしっかり就寝。
ケータイを見てみても、おじいさまからの着信はありません。
何かあったら遠慮なく電話して下さい。と伝えておきましたが
連絡が無かったという事は、きっと順調に焚いて下さっているのでしょう。

窯を焚く前に炊いておいた飯を
やきものを焼く前に焼き、チャーハンにして腹に入れ
山道をショートカットして奈良へと走りました。


窯場へ到着。
温度計を見るのが若干 怖かったので
おじいさまの顔色を見てみたところ
生き生きとしてらしたので
どうですか。と聞いてみると
笑顔と共に
うまい事いきましたわ。と一言。

朝 帰る時に
1100℃ あたりまで上がっていれば万々歳です。
と伝えていたところ
ちょうど 1100℃ まで上がっていたので
万々歳です。

万々歳ですね。
万々歳です。

きっちりと仕事して下さったおじいさまを見送り
俄然 私の心も燃え、ガンガン攻めたるぞ。と
1時間 に一度の温度計測表に目をやると
その下に数枚の紙切れが増えている事に気付きました。


投げ入れた薪の本数が何本で
薪を投げ入れて火が落ちるまでが何分何十秒で
その間の最低温度がいくつで
最高温度がいくつ
1時間 の薪の消費量が何束。と
全てが詳細に書き綴られていました。

この窯焚きに対する情熱が伝わってきて
私の心は燃え尽きそうになりました。


その後、1150℃ あたりで
ようやく窯から湿気が抜け切り、水蒸気が止まりました。
薪の追加も見込める事から、多少 消費量が増えても焚き切れる。となったので
不安材料が無くなりました。
おじいさまの熱意にも背中を押され
今です。
攻めるのは
今です。

伊賀でも、先日の爆弾低気圧はなかなか酷かったようで
田中は生きているのか。と
仲間が様子を見に来てくれました。


交代時が近付いてきましたが、ひとつ気がかりなのは
火前のでっけー作品ですら、一向にテカッてこない事です。
炉内の色や、薪を投げ込む時に身体に受ける熱量から
1250℃ くらいはあるんちゃうかな。とか思ってましたが
一向にテカッてきません。

燠をいじる為の鉄の棒があったので、それを近付けて反射具合を見てみましたが
うっすらとテカッているような… 気がする程度で
ガイロメ系の強い土を使っている。と聞いてはいましたが
ここまでテカらんか !? てなもんで
ちょっと不安になりましたが、言うて未だ 36時間 。
これからです。


21 ~ 9時 までが私の当番ですが
焚き方や土の事などについて色々と聞いてみたい。と
おじいさま、 8時過ぎ くらいには到着。
もう
その熱意に私はメロメロです。


その後 12時間 、高温域に差し掛かった事もあり
燠が減ってしまったようですが
窯主の方の手を借り、順調に焚き続け
最後の夜がやってきました。

相変わらず
薪を投げ入れる度、きっちりとデータを取ってらしたようです。
窯焚きを楽しんでらっしゃるのがビンビン伝わってきます。

60時間 を超え
予定では
この 12時間 で仕上げなければなりません。
炉内を確認してみると
火前のでっけー作品がバッチリとテカッてます。
棚の、目で直接見られる範囲
最上段から中段にかけても、テカりが見て取れます。

この 12時間 で、いかに灰を降らせる事が出来るか。
出来る事ならば
さらに昇温を狙いつつ、燠をぶつけまくって焦げをより深いものにしたい。
あれもこれもやってみましょう。と
鉄のスコップを使ってパタパタと焚き続けました。


おじいさま最期の窯焚き。という事で
とにかく
後悔のないように焚き切りましょう。という話で進んでいたので
当初の目標温度であった 1230℃ に届かなければ
薪がなくなるまで焚き続けましょう。という事にしていましたが
朝方、ちょうどおじいさまが来られる少し前に
目標温度も達成。

燠を増やしてぶつけまくれましたし
もう思い残す事はありません。
炙りの時の 10時間 のロスもあり
焼成時間こそ短く、灰の厚みは期待出来ないかもしれませんが
やりたい事を楽しんでやれた窯焚きは
1時間 だけ予定を延長し、焚き手交代。
おじいさまに焚き切ってもらいました。


火止め直前。
最後の投げ入れは一本ずつ。
焚き口と空気穴と煙突を閉め
薪がなくなり、随分と景色の変わった窯まわりをスッキリと掃除し
窯に一礼。

おじいさまにとっての
人生最期の窯焚き終了。


随分と良い表情をされてました。
私自身
不利な条件が重なり、ビビっちまったところもありましたが
初心に返る事が出来たような
正月におろしたてのパンツを履いた時のような清々しい気分。
ってやつを味わえました。

いつまでも想い出に残るような窯焚きでした。


明日からは大阪での窯詰め、窯焚きがあるので
残念ながら… 窯出しには立ち会えませんが
写真を送ってもらえるようなので
楽しみに待ってようと思います

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-10-05 23:57 | 薪窯 : Wood-fired kiln

試練

私は今
伊賀から奈良へ入った山中、某所で独り
窯を焚いています。

窯焚きの仕事を依頼され、窯焚き師として働いておるわけですが。

無理かもしれん…ッ

どうもこんばんは。motomanです。

今日は嗜好を変え
というか
ケータイのカメラ機能が損なわれている事も踏まえ
写真なしのブログがどこまでやれるのか。
という事にも
同時進行で挑戦してみようと思います。


依頼主は、齢70を少し超えたおじいさま。
貸し窯を借り、 72時間 の予定で焼締を獲りたい。
との事。

焚き手は私と二人なので、 12時間2交代制 を提案しました。
おじいさまの体力がもつのか心配ですが
時給制とは言え、私にはやらねばならぬ事が山積している為、致し方ありません。


昨日 9時 の火入れに立ち会い
窯の形状や設備、薪のコンディションを確認し
窯主の方にも話を伺いました。

だいたいの感じが掴めたので
炙りをお任せし、私は 21 ~ 9時 を担当する事に。
全て生だったので、時間あたり 100℃ ペースで
ゆっくりと昇温して下さい。
と伝え
一度 帰宅。
ちょこちょこと作業し、窯焚きに備えて就寝しました。

900℃ あたりかな。と思いながら
21時 に窯場に着くと

250℃ でした。

おじいさま…
焚き方知らない人や。
とわかったのはこの瞬間です。


とにかく体力を回復する事に専念して下さい。と、焚き手交代。

天気予報をチェックしておいたのですが
とんでもないものが近付いて来ているとの事。
建屋の外に積んである薪を、出来得る限り
建屋の中へ運び込みながら、まったりと焚いていました。


2時間前 から
予想以上の雷と土砂降りで
斜めに吹き込む雨が
焚き口にまで
というか
窯自体に降り注ぎ続けていて
水蒸気で前が見えません。


用意されている薪は 40cm の信楽サイズで 150束 。
雨が降り出すまでに建屋の下に避難させられたものは…
80束 ほどでしょうか。
外の薪は… もう
今回の窯焚きでは使えないでしょう。

加えて
建屋の下に移動したものですら
横殴りの土砂降りで
常に霧吹きをかけられているような状態で
非常にまずいです。


順調に常温してきましたが
800℃ で壁にぶち当たりました。
今までの経験と
得てきた知識、そして
窯焚き師としての誇りに掛け ( ⁇ )
ベストなパフォーマンスを見せられるよう
色々と手は尽くしてみていますが
厳しさこの上ないです。

おじいさまに
湿った薪で焚いてもらうわけにいきませんし
とは言え
窯に降り注ぐ土砂降りが収まるまでは…
厳しいです。


温度計の位置が窯の後部なので
温度計表示で 1230℃ あたりが目安で
あとは品を見て火止め。
とするつもりでしたが
48時間 で 1230℃ に到達出来るとして
36時間以前 の薪の消費量を 係数 1
それ以降を 係数 1.5 だとして試算してみても
このコンディションでは…
ビードロが掛かるほど焚けるほどの
薪がありません。

私がこのまま火止めまで起きっ放しで
続けて焚く事が出来たとしても
微妙なラインで、確信は持てませんし
おじいさまの焚きの技術がいかほどかもわからないですし
仕事として雇われている以上
不安要素が多過ぎて、最悪
今の段階でタオルを投げ
仕切り直す。
という選択肢も提示すべきなのかもしれません。


おじいさまは
この窯焚きで陶芸を引退するおつもりだそうなので
何とかお力添えしたいところですが
72時間 焚いて生焼けでした。では悲しいし
湿った状態では
そもそも薪の総カロリーが足りないかもしれません。

判断に迷います。


なんだかんだ書きましたけど
おじいさまの人生最期の窯焚き。
なんとしても成功させたいものです。

結果、やっぱいけましたわ
てへぺろ☆ミ
って言えるよう
きばります

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2015-10-02 03:10 | 薪窯 : Wood-fired kiln