<   2014年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Naturaleza

誰かが言ってたぜ
俺は人間として自然に生きているんだと
自然に生きてるって
わかるなんて
何んて不自然なんだろう


どうもこんばんは。motomanです。

" 自然 " という言葉には随分と悩まされます。

b0161715_152923.jpg

" 自然 " の対義語を調べてみると
" 人工 " とされています。

自然の事物や現象に人間が手を加えること
また、人間の手で自然と同じようなものを作り出したり
自然と同じような現象を起こさせたりすること

このあたりが上手く飲み込めません。

b0161715_1522073.jpg

正確には
飲み込めないというより、認めたくない…のかもしれません。
どうも
人工物は自然の美しさには敵いません。
と言われているような気がしてなりません。

自然から学ぶ事は確かに多く
持てる五感の全てで認識してはいますが
その大半は目から脳幹へと飛び込み、私の心を奪っていきます。

b0161715_1524070.jpg

炎を使って土を焼き、そこに景色を見る。
ヒトというものはどうやら
まどろっこしい生き物であるように思えます。
そこにあるのは
冒険心と支配欲でしょうか。

b0161715_1524638.jpg

自然を彷彿とさせる人工物でヒトの心を動かすべく
自然から賜った土に手を入れ
知恵を用いて火を操り
そこに " 美 " という
小宇宙を創造しようとします。

それを禁じた神を、ヒトが作り上げなかったのが…奇跡的に不思議なくらい
酷く
暴力的 ・ 懐疑的な行為だと感じるのは
私が変人だからか
あるいは
その道に足を踏み込んだ罪人であり、赦しを乞う為の唯一の行為であると
痛いほど額に刻み込まれたせいか
やり切る事でしか償えない圧を感じているからでしょうか。

b0161715_1531699.jpg

前者であるならば未だ救いの道は見られますが
そういうわけにもいきません。
何を引き換えにしても
見たいと思う先があるからで
唯一の枷となり得るのは
思考と肉体。
そのどちらかが終わりを迎える、その瞬間だけです。


はて
それにしても、相も変わらず
自然を同等、もしくは
それ以上のものを作り得るのかどうか。という観点で言うならば
自然と人工が相反するのは…素直に飲み込めますが
どうも引っ掛かる何かを感じるのは何故でしょう。

人の営みという小さな世界ではそれで納得できますが
数多の生物 ・ 物質や事象が混在する大きな世界に尺度を合わせると
やはりどうにも…合点がいきません。


人と見るかヒトと見るか。
私達が日頃 目にしている山や川など、自然物として捉えている多くのものが
ヒトの手が入った、整備されたものであり
それでいて自然と捉えても違和感が無いのは
どういった理屈でしょう。

一定の価値を保持し続けるはずの観念が
尺度を変える事で…その姿を変えてしまうのだから
質が悪いですね。

b0161715_1522914.jpg

崩れゆくバベルの塔から空へと飛び
ホッとするのも束の間
太陽に翼を溶かされ
自分はイーカロスだった。と知り、背筋が凍った時が最期なのか
もしくは
その瞬間から地面に激突するまでの刹那が
私達が生きている、まさにこの時なのか。


私達の血に込められている
" 美 " というものへの探究心は
尺度を変えてみると
そのどちらであろうとも
たいした問題では無い気がします。
それこそが
" 創造 " というものの本質である。
と思えるからです

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2014-11-29 03:25 | 雑記 : Diary

落穂拾い

本日モ晴天ナリ。

どうもこんばんは。motomanです。

来週から寒波が来るようですが、最近は大変良いお天気ですね。
早朝から伊賀へと車を走らせました。

b0161715_23272139.jpg

所用で
良質な土が採れる。と言われている島ヶ原へ行って来ました。

ポカポカ陽気で空気もとても澄んでいて
紅葉が綺麗に見渡せました。

b0161715_23273668.jpg

その後
鈴鹿あたりまで車を走らせました。
山から海へ。

今日、伊賀へ来た理由のもうひとつがコレです。
窯詰めの時に使う赤貝をしこたま拾おうぜツアーです。
11月 の窯焚きも無事に終えたし
ちょっと息抜きがてら、手持ちの少なくなった貝を補充しよう。と
そういう話になったわけです。


小山さんから
めっちゃ落ちとるぞ。と聞いてはいましたが…
まさかここまでとは思いませんでした。

拾って下さいと言わんばかりです。

b0161715_23275387.jpg

このように落ちている貝を…

b0161715_232867.jpg

こうして…

b0161715_23281679.jpg

こう。

b0161715_232867.jpg

こうして…

b0161715_23281679.jpg

こう。

大事な事なので 2度 言いました。


どう見ても怪しい大の大人が 2人 。
あまりに沢山落ちている赤貝の死骸に萌え
3時間 近く。
腰が痛い痛いと言いながら拾いまくった結果が…

b0161715_23281679.jpg

こう。

たぶん拾い過ぎです。
乱獲と表現して良いレベルだと確信しています。

体感
総重量 70kg 近くありました。


ウワサによると
とある陶芸材料店で、 25個 入りが 500円 で売られているそうな。

3時間 で 15万円分 くらいの稼ぎがありました。
ありがとうございます。

b0161715_23282732.jpg

浜辺に着いた時はテンションが上がってしまいましたが
それが持続したのはほんの 20分 ほどで
後は黙々と拾い続けるだけのルーチンワークです。

ただ無心に拾っていると
カレーを笑顔でパクつくイチローと
ナイスヒットを放つイチローの真剣な横顔がごっちゃになり
果てには
ルーチンワークの真髄と言いますか
宇宙の真理の断片を見た気がしました。

b0161715_1231247.jpg

猫の手も借りたいな。と冗談を言っていると
何処からともなくマジに猫が来て
マジに地面をカリカリし始めたので
お。
手伝ってくれるんか。
と声を掛けると
ただ
足をピクつかせてうんこしてました。

b0161715_23284484.jpg

帰りに再び伊賀は三軒窯へ寄ったところ
ちょうど歓嗣さんが窯焚きをされてました。

大量の貝を差し入れし、しばらく窯焚きを見学させて頂きました。
前に塩を投入して焼成したものがあるから。と
個展用の品も見せて頂きました。

三軒窯へ行く度に色々な刺激と発見と
新たに生まれる課題や疑問があり
興味が尽きる事はなさそうです。


兎角
これだけの量を拾ったので
向こう 2 ~ 3年 は使えそうです

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2014-11-28 02:04 | 雑記 : Diary

ハーベスト 窯出し

自分がどういった事を感じて生きているのか。など
そういったテーマで真面目にブログを書いている人も居られると思います。

私は違います。

どうもこんばんは。motomanです。

さて
今日は朝からハーベストの窯出しへ行って来ました。

b0161715_2145230.jpg

ハーベストの窯は 3室 まである登りで
部屋が多いだけに、意外に時間が掛かるものです。

b0161715_21524.jpg

窯詰めには立ち会った事がなく、焚いている時は
事前に撮ってあった写真でだいたいを把握するしかなかったわけで
窯出しした品を観に来た。というのも大事なところですが
どちらかと言えば
窯の造りがどういう感じなのか。を改めて見ておこう。と思った次第です。

b0161715_2151528.jpg

学ぶところは沢山ありました。
以前より疑問のあったところが、少し理解出来た気もしましたし
新たな疑問が浮かんだところも…勿論、ありました。

b0161715_2152423.jpg

ちょうど 1年前 に窯焚きに来たのが最初で、今回で 2度目 。
前回よりも良い仕上がりでした。
しかも全体的に。

私の品も数点入れて頂きましたが、それはまた後日
手入れをしてから紹介してみようと思います。

ハーベストの中にある里山工房で使っている土の硬質感と言いますか
おそらく陶石の類を多く含んでいるのでしょう
半磁などを焼成した時の特徴である、独特な表面のテカりがあり
灰のかかったところが綺麗な白で
緋色も出易い傾向があるようで
今度ちょっと使ってみようかな。などと
アレコレと考えを巡らせた時間でした。

ハーベストの皆様お疲れ様でした。



マニアックな 4枚 の写真だけで乗り切りました。
ある意味素晴らしいブログだと自負します。


明日は所用で伊賀へ行きます。
朝が早いので
おやすみなさい

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2014-11-26 22:26 | 薪窯 : Wood-fired kiln

土鍋

今年は暖冬なんですかね ?
12月 まであとほんのわずかですが
有り難い事に未だ、さほど寒いとは感じません。

どうもこんばんは。motomanです。

ゆったりとろくろが挽けるというのは…素晴らしい事ですね。
パッツンパッツンの怒涛の日々が終わり、気を抜いている場合でもないのですが
精神的にのんびり。
制作というものを楽しめています。

b0161715_1711877.jpg

とは言え
やっておかなくてはならない事は相変わらず山積していて
アレやコレやと、腰に負担をかけぬよう
なんだかんだとこなしています。

身体はゆっくり ・ 頭はフル回転。と
いつものようにバタバタしなくて済むよう、こうしてる間に
薪焼成で次にどういったものを狙いたいのか等、色々と考えを巡らせています。

b0161715_17111966.jpg

匣鉢に入れ、モミで一杯にしたものを一の間で焼成したもの
良い感じに黒くなりました。
表面はメタリックな輝きが見られます。

前回と近しいデータを取る為、同じように匣鉢を入れておこう。と
特に新しい試みをしたわけではありませんでしたが、結果的には
なかなかのデータとなりました。

b0161715_17112622.jpg

逆面はこのような感じで
もっと意図的に、局部的に低温の箇所を作れたならば
南蛮焼のような抜けが作れるんじゃあないか。と思います。

b0161715_17113768.jpg

今日はこんな感じでした。
前回の一の間に土鍋を入れたのですが
そういえば…耐熱用の土が未だ余っていたなァ。と思い出し
この機に使い切ってしまおう。とひっぱり出してきて挽いてきました。

b0161715_17113276.jpg

土鍋というものは色々とリスクがあり
手を離れ、無事に嫁入りしても…使い方が間違っていれば割れるもので
食卓がえらい事になってしまいますし、何より
そのせいで火傷を負ってしまったりしたら…と思うと非常に怖いです。
焼成温度も低く、それ用の窯を準備しないといけない事もあり。

ちょっとアレな類のアイテムで
依頼されても作らない。と決めている作家さんもいらっしゃるようです。

かく言う私も
今までに作った土鍋は…確か、わずか 2つ ほど。
シチュー鍋も 2つ ほどだったと思います。
それらのうちの幾つかは嫁入りしましたが、試しに使ってみて。と
ごく身近な友人に譲ったものです。
万が一なんぞあった時でも、すまんかった。と言える人にしか渡しておりません。

とは言え
大きさもそれなりにあり
日本独特のものでもあるし、何より
フタがついている。という
私のやる気をアゲアゲしてくれる形のものであるので
今日、持っていた土を全て使い切って幾つか成形してみました。

出来上がったものを…売る勇気は出ないかも知れません。
売るかもしれません。
知りません。

取り敢えず
別に作ったパーツをチマチマとくっつける作業がとても苦手な私に
取っ手を不備なくしっかりと付けられるのかどうか。

そこが最も大きな問題です

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2014-11-25 17:46 | 陶芸 : CeramicArt

近況

腰が痛い腰が痛いと嘆いていましたが、この度。

腰が痛いです。

どうもこんばんは。motomanです。

少し時間が出来たので、普限窯の後始末をしに行きました。

b0161715_054407.jpg

そういえば
窯焚きの事について未だ何も書いてませんが。
気が向けばそのうちに。

b0161715_055666.jpg

棚板やつくにグラインダをかけ、サッパリしました。
次の窯詰めまで、あと 約1ヶ月 です。
1月 の焼成は、普限窯で最も大きなテーマと言える
10日間焼成 なので
窯のどの位置にどういった狙いでどういうものを詰めるのか
考えるだけで楽しみです。


この機に窯場に置いてもらっていたものも全て引き揚げてきました。

b0161715_21374514.jpg

私は確信しました。
燠に深く埋もれさせたり、炭を投入して景色をつけるもの
所謂…窯変させたものが好きなようで
一言で言うならば、渋いものを見るとヨダレが出ます。

そういうものが好きだから、そういったものを作っていく事になるわけですが
どちらかと言えばマニアックな要素が色濃い世界なので
やっていけるのかどうか
不安は拭いきれません ^^

b0161715_21375116.jpg

一の間に、今までに 2度 試した事のある釉を使ったものを入れました。
一般的なアレで言えば、釉というものは
炉内が酸化であるか還元であるか、その雰囲気によって色が変化する。というイメージが強いですが
この釉は雰囲気よりも
焼成温度 ・ 厚みでの色の変化幅がとても大きく
黄 ・ 緑 から 茶 ・ 黒 と、単味であるに関わらず
微妙な違いで発色が異なります。

面白い研究テーマが見つかったなァ。と思うと同時に
安定して再現性を持たせるまでに…どれほどの時間が掛かるのか…と
パンドラの箱を開けてしまった感もあるのが憎いところです。

b0161715_0551631.jpg

前回に引き続き、今回も桟切で緋襷と窯変を狙いました。
緋襷というのは
ワラを巻いて焼成する事でその痕が景色になる。という
その程度の知識しかありませんでしたが、色々と調べ
今回の 2度目 の挑戦を経た結果、こう…上手く言葉に出来ませんが
ぼんやりと何かが掴めてきた気がします。

1月 の焼成では一の間を焚かないので
次に挑戦出来るのは早くて 3月 になりますが
窯詰めの時にどういった詰め方をすれば良いのかが
それなりにわかったと思うので
それに合った組み方が出来るような形の品を考えてみようと思います。


さあ そんな感じで
1日中 棚板を削ったり
手入れで目土を削ったりで
細かい色んな何かを吸い込み過ぎたせいか
体調が若干変です。

普段から土を削ったりで、目に見えないだけで
作業場の埃っぽさ加減はパねェ事になっているはずです。
陶芸家は塵肺になり易い。なんてよく言います。

そらそう。
そらなりますわ。
って感じです。
ね。

気を付けましょう

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2014-11-24 01:44 | 陶芸 : CeramicArt

ハーベスト 火止め

ッポ------------------------------------------------------------------------------------------ゥ

どうもこんにちは。motomanです。

怒涛の 2ヶ月間 が終わり
私はついぞ
世界一暇な陶芸家に進化を遂げました。

昨晩は帰宅して気を失い
15時間 も寝させてもらいました。ありがとうございました。
加えて
今日一日。
自室でゆっくりしようと思います。
引きこもりの準備も進めねばなりませんし。

b0161715_1057759.jpg

さて そういったわけで
ハーベストの窯焚き、前回は私の当番が終わり。という話でしたが
無事に火止め。となったようです。

b0161715_1057271.jpg

いつもより昇温が順調で
詰めているものが釉ものであれば、ゆうに 48時間 は早く終わっていたと思います。
今回は焼締が主だったので、灰を飛ばす時間が必要でした。

そもそもは九州の窯師が作った窯で
胴木は…いわゆる火袋で、ただの燃焼室です。
薪をくべる為だけの場所で、本命は 一 ~ 三の間 に詰めた釉ものを焼く設計の窯ですが
火袋でも焼締を狙おう。というのがハーベストの秋の窯焚きだそうです。

b0161715_10573480.jpg

とまあそういったわけで
胴木より後ろの部屋の昇温が早いのも頷けるところで
釉を融かすだけなら 2 ~ 3時間 で終わると思います。

今宵もビーフシチューとポテトサラダ
カラフルな豆の沢山入ったサラダを腹いっぱい食べ
屁が止まらなくなりました。
イモと豆のコンボがもたらす屁意に驚きを隠せませんでした。

b0161715_1057465.jpg

エア ・ ダンパーで温度域を調節しながら
まったりと
実にまったりと焚き続けました。

思えば
独りきりで窯焚きをするのは久しぶりです。
色々な事を考えました。

私がもし窯を作るならば
狙いがどうで
どういった形状のものが適しているのか。と
あれやこれやと考えているうちに朝が来ます。

b0161715_1058496.jpg

日が登って当番を交代した後
半日後に火止め。

怪我も事故も無く、無事に窯焚きが終わりました。
窯出しはもうちょっと先の話ですが
どういう仕上がりになっているかが楽しみです。


その後、普限窯の窯出しへ行きました。
そういえばバタバタとしていて
普限窯の火止めの事について書いていなかったので
そこらへんと一緒に後日、まとめてみようと思います

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2014-11-17 11:15 | 薪窯 : Wood-fired kiln

ハーベスト最終夜

色々と溜まってきました。
電池切れ寸前でごじゃります。

どうもこんばんは。motomanです。

さて
内容となうとが前後してややこしいですが。
いつもより昇温が快調なようです。

だいたいの終了時間が目処ったので
私の仕事は今晩で終わり。となります。

b0161715_22403840.jpg

この 3日ほど めっきり冷え込んだ夜更けだったようで。
窯のそばは快適過ぎて気付きませんでした。

b0161715_22405563.jpg

特にどう。と言った事はなく、焚き続けました。
お腹が空いたら…豪華な食事を頂きました。

もはやルーチンになってます。


b0161715_2241339.jpg

昨晩はなんと
ビーフシチューまでもがありましたので
焚き口の上で煮込み
パンもふんわりと温め直し
それはそれは美味しく頂きましたとさ。

b0161715_22411249.jpg

帰宅後、風呂で少しウトウトし
灯しびとの集いへ行ってきました。

大変お日柄も良く。
こういう時にしか…なかなかゆっくり会えない
作家さん達に会ってきました。


この写真は何ぞ ?
という話ですが
灯しびとの帰りしに
ぎゃらりぃホンダへ行ってきました。

阪本 ケンさんと金沢で金属をされている方の二人展です。

b0161715_22413013.jpg

ケンさんは主に日常雑器を作っておられますが
電気窯での酸化焼成とは思えない焼きをされてます。

b0161715_22415053.jpg

定番の品々から抹茶盌
得意の
荒い化粧土を掛けた、花入なども展示されています。
ケンさん流の遊びっぷりをご堪能下さい。

お近くの方は是非。

とまあそんな感じで。


とにかく
今晩の当番が終われば
ハーベストでの窯焚きの仕事は終わりです。

明日は朝から普限窯の窯出しです。
それが終われば
バカみたいにしばしゆっくりしようと思います。

事前情報によると…
4日焼成とは思えないほどの焼き上がりになっているようです。

楽しみでなりません

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2014-11-16 00:45 | 薪窯 : Wood-fired kiln

ハーベスト

気付けば。
もう 3日目 です。
4日目 かも知れません。

私にはもはや
わかりません。

どうもこんばんは。motomanです。

さてそんなわけで。

今晩もハーベストにて窯焚きです。

b0161715_1020237.jpg

昨日は帰宅してからの記憶がございません。
よって
今こうして窯焚きをしながらの更新です。

b0161715_10203765.jpg

胴木が終わり、一の間に移りました。

昇温がいつまもより早いようで
今は既に二の間に上がっています。

b0161715_10204668.jpg

ハーベストの楽しみの一つは
レストラン部が差し入れして下さっている、食事です。

窯焚きといえば
カップラーメンやコンビニ弁当などで済ませる事が大半ですが
ハーベストでは毎日このような食事にありつけます。

自社製品のプリンも余っているから。と
デザートにプリンまで頂いてしまってます。

ありがたや。


今晩も当番ですが、灯しびとの集いを
観に行きたいので、駆け足で周ってから
布団に飛び込もうとおも

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2014-11-15 03:20 | 薪窯 : Wood-fired kiln

うせやん

うせやん。とは
大阪人が本当に驚いた時に口走ってしまう単語です。
相槌程度なら
嘘やろ
嘘つけや
などですが
マジでか !? と、大きな驚きが加わると…どういったわけか
" うそ " が " うせ " と訛ります。

どうもこんばんは。motomanです。

ハーベストの窯に火が入り、 40時間 ほどが経過しました。

b0161715_13274846.jpg

目標温度に到達、あとは練らします。

胴木の品がテカっているので
あとはどれだけ灰を掛けられるか。といったところです。

b0161715_1328355.jpg

朝方に投げ込みから木蓋へ切り替え
どんどん焚き込みます。


朝陽に照らされると
鬼のような眠気に襲われますが、今日は
朝陽が昇る前に襲われました。

バッテリィが尽きかけているのかもしれません。

b0161715_13281199.jpg

当番終了後、とあるイルカから学んだ
左脳と右脳を交互に眠らせる睡眠法を駆使し、作業場へ向かいました。

窯焚きをしている時は、窯の熱気に晒され
寒さなど微塵も感じませんでしたが
車から降りた瞬間の空気の冷たさに思わず
嘘やん。
めちゃさぶいやん。
と独り言が漏れました。


指先が凍ってしまいそうになりながら、色々と削りました。
削り終えたら帰れるから
削り終えたら帰れるから。と念仏を繰り返し
トイレに行こう。と作業部屋を出たその時。

私の目に、空をふわふわと舞うものが飛び込みました。
うせやん。

初雪やん。


私は怖くなったので、その現象を認知せず
残ったものを削り進め
逃げるように作業場を後にしました。


陽射しだけ見るとこんなに暖かそうなのに
空気はキリッとしてますね。
しばらく少し寒い日が続くようです。
皆様ご自愛下さい。

私は寝ます。


いや
雪って。

うせやろ

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2014-11-13 13:46 | 薪窯 : Wood-fired kiln

近況

最近の出来事をハイライトで綴ってみようと思います。

どうもこんにちは。motomanです。

詳細はまた後日にでも。
と言っておきながら書かずに終わってしまうのが…このブログの常ですが
あと 1週間 を乗り切れば、私は
ろくでなし陶芸家から世界一暇な陶芸家に進化するので
その時まで取っておこうと思います。

その理由の大半は
布団がものすごい引力で私を誘惑するからです。

b0161715_13521432.jpg

4.5日間 に及ぶ普限窯の窯焚きが終わりました。

胴木火止め間際の炉内の様子です。

火止め終了間際にしては…
炉内の色が暗過ぎませんか。って話ですが
詳細は後日。という事で。

b0161715_13522138.jpg

普限窯の窯焚きが終わった翌日。
私は 1年ぶり に…ここへ立っていました。

懐かしき観覧車。

ハーベストの丘です。

b0161715_13522839.jpg

何をしに来ているかって。

窯焚きです。

通算すると
11日間 連続窯焚きになってしまいました。
どうしてこうなったかと言うと
私が貧乏人だからです。

まあ
来年の 1月頭 には普限窯恒例の 10日間焼成 が待っているので
自主トレ。って感じで気張ろうと思います。

b0161715_13523391.jpg

とは言え
作っておきたいものがあるので
ハーベストでの本日の窯焚きが終わった後、作業場へ行き
少しだけろくろを挽いて来ました。

特にどうという事はありません。
貴重な機会に間に合わせる為、今回の普限窯に入れたものと同じ土を使い
色々と作っておきたかった。という話です。

白化粧を掛けてみようか。と考えていましたが
スケジュール的にどうしても運搬せざるを得ない事態になっちゃっています。
その時、どっかそこらへんにぶつかってハゲちゃうと悲しいので…今回は泣く泣く見送ります。


って感じです。

ハーベストの窯焚きは 17日 、昼過ぎ辺りに終了予定ですが
私は例によって夜の番手なので、朝方にはその役目を終えます。

それまで私の体力が持つかどうかは知りませんが
やるかやらないか。ではなく
やるしかない。というのは
シンプルで分り易くて良いな。と思う今日この頃です。


普限窯の最終日用に購入した リポビタンD の余りを握りしめ
この 5日間 を乗り切り
2週間 くらい寝てやろうと思います

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2014-11-12 14:13 | 薪窯 : Wood-fired kiln