カテゴリ:展覧会 : Exhibition( 86 )

色々な事があった 2016年 でしたが
2017年 も色々とあるんだと思います。
2018年 も。

どうもあけましておめでとうございます。motomanです。

今年の仕事始めは 2日 からです。


b0161715_17374624.jpg


" 酉店 " と題し
仲間うちで干支を販売する事にしました。

OTONAMIE

伊賀タウン情報誌 YOU
で紹介頂いております。


b0161715_17470723.jpg


色々な酉が並びますので
是非 遊びにいらして下さい。


b0161715_17374697.jpg


しばらくは
在廊と改装の日々になります。

本年もどうぞ宜しくお願い致します

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2017-01-01 17:50 | 展覧会 : Exhibition

" 錫と土 " 終了しました

あれ。
予約投稿しておいたつもりが…
投稿できてませんでした。

どうもこんばんは。motomanです。

そんなこんなで
二人展が終わりました。

b0161715_15390966.jpg

ギャラリーの空間と錫と土。
三位一体を上手く表現出来ました。

b0161715_15391100.jpg

得る事の多い場となり
次へと繋げられる事が出来そうです。

b0161715_15391222.jpg

搬出後、次に向けて色々と話し合いました。
やれる事は多く
方向性を絞っていく段階へと進められそうです。

b0161715_15391167.jpg

日々 精進。
繰り返し繰り返し技術を突き詰め
柔らかな頭で土に触れ続けたいと思います。

自分を表現する為に土を使っているのか
土の面白さを表現する為にこの手があるのか
長い間、そのような事を考えていましたが
どちらであったとて
大した問題でもないし
そもそもが 問題だったのかどうかも怪しく思えるのはきっと
成長したという事なのだと
今 そう思っています。


伴 哲生との二人展はこれからも続きます。
二人が創造する新たな空間をご期待下さい。

有難うございました

[PR]

by t_durden | 2016-11-26 01:46 | 展覧会 : Exhibition

" 錫と土 " 20日が最終日です

Gallery I にて開催中の " 錫と土 "
明日で最終日を迎えます。
最終日は 16時 までですので、お間違いのなきよう
宜しくお願い致します。

どうもこんばんは。motomanです。

明日は二人揃っての在廊です。

b0161715_14493734.jpg

以前 大阪でグループ展で一緒になった際もペアルックでしたが
一週間前に在廊で一緒になった時も
黒い帽子 黒いパンツ
紺のニット 革靴。と
ペアルックでお迎えしました。

明日はどうなるでしょう。

b0161715_14493645.jpg

私のものが金属的なだけに
これは錫です。
あ、それは土です。
あれは一見、錫のようですが土です。
と、ややこしい事になってます。
スミマセン。

b0161715_14493777.jpg

明日の搬出を前に、今日は
モータースで働いていた時に世話になっていたスクラップ工場へ行ってきました。

b0161715_14493863.jpg

先日 バーストしたスタッドレスタイヤを新調しました。
中古なので新調というのもアレですが、これで安心です。

ほんとは 15インチ が適合サイズなんですが
前のスタッドレスタイヤを買った時、在庫が 14インチ のものしかなく
まぁ… それで良いか。としたので
ホイールが 14インチ 。
今回もなんだかんだで 15 にするつもりで考えてましたが、結局 14 で済ませました。

タイヤ幅も前のものと同じで、適合サイズよりは 20mm ほど小さいので
コーナリング性能は劣りますが、接地面が少ないだけに直線が得意。というチョイスです。
直線的に走る事が多ければ多いほど、燃費が良くなります。

径が小さいだけにタイヤのお値段も小さく
なんだかんだで 2万円 で 4本 全て交換。
バランス調整
取り付け工賃
廃棄料込み込みです。


モータースを辞めてから、もうかれこれ… 10年近く 経ちますが
スクラップ工場のにいちゃんが憶えていてくれたのが驚きです。

頑張って土いじりしてるんやなァ。
そこへ行けば会って話が出来る人が居る。
というのは素敵な事です。


こんな感じで繋がりましたか ?


明日
伴と田中は京都の Gallery I に居ます。

会いに来て下さい ^^

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2016-11-19 21:03 | 展覧会 : Exhibition

錫と土

在廊で京都へ行っていましたが
スラッとした金髪の白人女性を見かける度
何という美しいボディライン。
死ぬまでにはちょっとだけ触ってみたい。
と思います。

そういえばイタリアへ行った際、街を歩いていると
すれ違った金髪女性に、辻斬りのごとく
いきなり尻を撫でられた事があります。
驚いて振り返ると、眩しい笑顔。
親指をグッと突き立て、 いいね ! マークを見せつけられました。

非常にスタイルの良い美女だったので、私は
自分の尻が褒められた事を嬉しく思いましたが
私が
京都の街行く金髪美女の尻を撫で、いいね ! と言えば
たぶん捕まるんだと思います。

世の中 狂ってやがるぜ。

どうもこんばんは。motomanです。

そんなこんなで
明日の在廊は相方の伴 哲生です。

( 写真は Gallery I からお借りしました )

b0161715_22440857.jpg

明後日が最終日で、その後 搬出となるわけですが
先日チラッと書いたよう
私の車の左後輪がバーストし、スペアタイヤのままなので
それで京都まで走るのは心もとない。と
明日 新しいタイヤを買いに走らねばなりません。

明後日の最終日は二人揃って在廊しますので、ご容赦下さい。


b0161715_22440954.jpg

個人的なアレですが
伴 哲生のこの手のものが特に良いと思っています。

錫は基本的に、鋳込みが主な成形方法ですが
一般的には
その際に出るバリをキレイに削り取ったり、表面を削り直したりして仕上げます。

この手のものは、その工程で出るバリをそのまま残した造形になっていて
発想的には陶芸に通ずるものがあります。

錫も陶芸も
ろくろを使う事が多いので、同心円の形状が基本となりますが
錫としては珍しく
動きのある造形になっているところが面白い。
と感じさせるのかもしれません。


とまぁ そんな感じで
明日は伴 哲生が在廊。
明後日の最終日は二人揃って在廊しております。

ご高覧頂けますよう、宜しくお願い致します

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2016-11-18 23:14 | 展覧会 : Exhibition

SAKANAYA

自分が召されたなら。と考えた時
これだけはやってもらいたい。
と思う事があります。
それは

" 布団 考えた奴 天才 "
と墓石に彫ってもらいたい。
という事です。

どうもこんばんは。motomanです。

例え 私が不老不死で
数百年 生き続けたとしても
布団を開発する事は出来ないと思います。
何百年・何千年と土をいじり続けているのだと思います。
誰が
鳥の羽むしって纏ったらめっちゃ気持ち良いんちゃん。
などと発想しますでしょうか。


私は誰かが考えた布団を愛し
私の作ったものを喜んで使ってくれる人が居る限り
世界にはまだまだ小さな愛の欠片が落っこちているのだ。
と実感できます。


ちゃうか。

b0161715_03090389.jpg

そういったわけで
奈良の SAKANAYA にて展示販売させて頂いております。

毎年 5月 に奈良で開催されている、ちんゆいそだてぐさでご紹介頂き
平角皿を取り扱って下さいました。

b0161715_03090381.jpg

全てマンガン釉のもので
内が朱色のものと金属的なものがあります。

b0161715_03090310.jpg

先日 搬入しに行った際、オーナーの林さんとゆっくりお話しましたが
その内容 凄まじく
同年代でありながら、勝負し続ける姿に感銘を受けました。

俄然
やる気しか湧いてきません。

面白いものを提示出来るよう、器というものを
使う側と作る側
色々 話し合い
世に新しいものを提示していきたいと思います。


魚は鮮度が命で
陶磁器は半永久的に使う事が出来ます。
そういった違いはあれど
心意気は同じであると思います。

これからも
魚と陶磁器と布団を愛して生きていきましょう。

SAKANAYA

〒630 - 8434

奈良県奈良市山町 180 - 2


火 ~ 土 *完全予約制

LUNCHI 11 : 00 - 13 : 30 ( L.O. )

DINNER 18 : 30 - 20 : 30 ( L.O. )


SAKANAYA Facebook page

会期はざっくり… 11月いっぱい。ですが
12月 も引き続き展示販売させてもらうかもしれません。

展示物の入れ替えも致しますので、お楽しみに。

その際にはまた改めて告知させて頂きます。

宜しくお願い致します

[PR]

by t_durden | 2016-11-13 03:47 | 展覧会 : Exhibition

錫と土

数週間ぶりに鏡を見たら
きたねぇ顔面の自分が居ました。
鼻毛が元気に飛び交っていました。

これからは時々
鏡を見ようと思います。

どうもこんばんは。motomanです。

さ。そんなこんなで
沢山の色々な事がありましたが、取り敢えず今日は
展覧会情報の再掲でもしようと思います。

b0161715_02521971.jpg

Joint exhibition「 錫と土 」

伴 哲生 ( 錫 ) と田中 元将 ( 陶 ) の二人展です。

五行思想では
万物は木 ・ 火 ・ 土 ・ 金 ・ 水の5種類の元素からなり
互いに影響を与え合うものとされています。
錫と土、古くから用いられてきた材料から
二人の造形作家が互いに影響を与えあい作り出す世界観をご覧ください。

2016.11.12( 土 )~ 20( 日 )※ 火・水は休廊
12 : 00 ~ 17 : 00 ※ 最終日のみ 16 : 00

Gallery I

京都市中京区寺町通夷川上ル西側久遠院前町671-1 
寺町エースビル1F西

b0161715_02520023.jpg

という事です。

今回 私はマンガン釉のもののみを展示しております。
ある程度の旧作もありますが、ほとんどが新作です。

マンガンラスター = 金色
というのが一般的な認識だと思いますが
黒を基調に金色を走らせたもの
銀色を呈しているもの
金属的な質感に紫色を帯びたもの
しっとりとしたマットな肌合いの、上品なもの…
など
調合や焼き方、冷まし方を変え
色々と遊んでみました。

マンガンラスター ?
ああ。
金ピカのやっちゃろ。
という概念を覆します。

ご高覧頂ければ幸いです。


まぁ
金ピカもあるんですけれどね

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2016-11-12 02:42 | 展覧会 : Exhibition

第6回 寿亭 水雲閣 陶展

展示のご案内です。

どうもこんばんは。motomanです。

寿亭 水雲閣 陶展

b0161715_19355736.jpg

4 / 29 ( 金 ) ~ 5 / 8 ( 日 )
9 : 00 ~ 16 : 00

湯ノ山温泉 寿亭 『 水雲閣 』

三重県 三重郡 菰野町 菰野 8585
Tel 059 - 392 - 2131


私は 5 / 2 ( 月 ) に終日在廊いたします。

ご高覧頂けますよう、宜しくお願い申し上げます

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2016-04-26 22:52 | 展覧会 : Exhibition

ニッポニア ニッポン

神奈川県の某ネットカフェ。
ブース番号356 でニトリの目覚まし時計を見かけた方。


それ僕のです。

どうもこんばんは。motomanです。

人生初
ネットカフェというところへ行って来ました。
目的は
快適に夜を明かす為です。

b0161715_2017691.jpg

久々に上京してきました。


2015年 最後の投稿は告知です。

浅草の出来たてホヤホヤ、日本のええとこを紹介するビルヂング
その名も
" まるごとにっぽん " がオープンとなり
開場記念と、へうげもの新刊発売記念も兼ねたイベント
ニッポニア ニッポン
が始まっております。


今年… も
もうあとわずかとなりましたが
来年は 1 / 7 まで。
10 : 00 ~ 20 : 00
詳細は上記のリンク ( まるごとにっぽん公式HPより ) からどうぞ。

浅草駅からすぐそこです。

b0161715_20205881.jpg

モーニングで連載中の、へうげもの企画で
伊賀人 ( いがんちゅ ) として参加させて頂いております。
数ヶ月前、伊賀で極秘裏に入手した手裏剣を忍ばせて行こうかとも思いましたが
今回は
主に陶磁器を武器に戦います。

手裏剣よりまきびしの方が強そうだと思っている派です。

モーニング公式の紹介ページは こちら です。

b0161715_2021630.jpg

こってこてのものからあっさり風味なものまで
薪窯で焼成したもの、電気窯で焼成したキラキラなものなど
色々と展示しております。

お誘い合わせの上、ご高覧頂ければ幸いです。


2015年 も終わりが近付き
プヒーっと一息つきたいところですが
年始めの展覧会と窯焚きに向け、なかなかそうも参りません。

久々に実家で過ごしていますが
何が良いって
寒くないのが良い。

家の気密性って大事だな。と心底感じます。



まあそんなわけで
来年から
いえ
来年度からは今まで以上にバンバンやってこうと思っています。
取り敢えず
寒さに凍えながら、島ヶ原の家をなるべく快適に過ごせるように仕上げるのが
おそらく春頃までかかるでしょうから
一年間で最も寒い時期を、大工仕事しながら過ごさなくてはならない。という
過酷な状況が続きますが
まァ
そういう星の下に生まれたのでしょう。

心が折れるまで大工しようと思います。


どうぞ皆様
来年も宜しくお願い致します

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-12-31 20:47 | 展覧会 : Exhibition

ドームやきものワールド

朝から夕方まで。
九時五時で大工になっています。

この2日間で、牛小屋を破壊し終えました。
ちょっと笑えるくらい
キレイさっぱり破壊し尽くしました。

ギャラリースペース兼、在庫置き場にしようと考えていますが
未だ先の話なので、今日のところはそっとしておこうと思います。

どうもこんばんは。motomanです。

もう結構… 前の話ですが
ナゴヤドームで開催された
ドームやきものワールドでの出展を終えました。

b0161715_23184452.jpg

東海の産地を中心に新人枠が設けられていて
伊賀も毎年 2枠 あるらしいのですが
新人枠で出展できるのは一度きり。
しかも
伊賀は移住してくる若手が少ない為
大工をしながら陶芸をしている私のところに、お話がきました。
有難いこってす。

あれ。
田中さん新人じゃないでしょう。と
鋭いツッコミを頂きましたが
そういった事情です。
有難いこってす。

b0161715_23264309.jpg

友人が教えてくれるまで… 知らなかったのですが
中日新聞に
パーンと開いたらドーンと
伊賀の 2人
川根くんの生き生きとした笑顔と
魂の抜けた田中の顔面が抜かれてました。

新人は皆、すべからく取材を受けるのですが
何故 伊賀の 2人 がピックアップされていたのか。
謎です。

おそらく
取材に来られた記者が
私の家に着くなり脱輪して JAF を呼ぼうとしていたのを
ちょっと代わってもらえますか。と
私の素晴らしい機転と
ミリ単位の絶妙なアクセルワークでお助けしたからでしょう。
真面目に生きていれば良い事があるモンです。


まあ そんなこんなで
会期中、ほぼ毎日 名古屋へ通った一週間
なかなか長かったですが
色々な出逢いにも恵まれ
大変 有難い機会でした。


先日 松坂屋での茶道具展に出品しましたが
在廊は出来なかったので
今回が初 名古屋接客 ・ 販売でした。
色々と感じる事はありましたので、今後に活かしていこうと思います。


そういえば
新人枠はブースの壁に産地名が書いてあるのですが
お。
伊賀からか ?
わしも伊賀やで。
伊賀の何処や。と
気さくに話しかけて下さった伊賀人 ( いがんちゅ と読みましょう ) の多い事多い事。

頑張れよ。
また遊びに行くわな。と
嬉しい言葉を頂きました。


私の今までの経験から言うと
合コンで
え〜 すごい〜
陶芸やってみたい〜
と言った女性は 100% の確率で来ませんでした。

住んでいるところが同じ。というだけで
あんだけフレンドリーになれる伊賀人はきっと
来てくれるに違いない。
と思いながら
ほんまに来よったら 10組 は下らんので
それはそれで正直めんどいな。
と思いました。


伊賀は楽しい人ばかりです。
ありがとうござ

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2015-12-04 23:12 | 展覧会 : Exhibition

夕去乃刻

昨日は、上手く用事を重ねられた事が出来たので
神戸へ車を走らせました。

ひとつ用事を済ませ、その後は KAM へ。

またも
久々にお会いする方々、ほぼ 全員に
痩せた ?
と聞かれました。


そんなに ?

どうもこんばんは。motomanです。

既に開催中ですが。
会期中の週末は、明日で最後です。

b0161715_14404096.jpg

夕去乃刻 ( ゆうさりのとき )

ぐい呑は、掌中におさまる抹茶盌

- 酒数寄者 佐々木 達郎


9 / 16 ~ 29 ( Tue )
10 : 00 ~ 19 : 00

日本橋三越本店 本館5階 デイリー和食器

会期中休日夕去の時間。
ringsArt 大久保 文之
在廊作家による片口、ぐい呑をもちいた呈茶を行います。
目安としては 16 ~ 18時 。

※ 木工作家 今井俊介制作の立礼卓にてお点前いたします


電気窯での仕事のものを展示頂いております。

残念ながら私は在廊できません。
冬将軍の足音にビビりながら
11月中旬 まで続く、これからの薪窯関係の仕事に追われる事になります。
申し訳ございません。

ご高覧頂けますよう、お願い申し上げます。


今晩が怒涛の始まりの初日。
窯焚き師として、伊賀で薪を燃やしてきます。

思えば久々の窯焚きです。
これから少し仮眠し、大阪を後にします。

好い気候でありますように

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-09-26 15:04 | 展覧会 : Exhibition