#36 スパルタン

いよいよ冬本番。
というやつですか。

春に恋い焦がれています。

どうもこんばんは。motomanです。

先日まで窯焚きをしてましたが
無事に火止めとなり、ちょっと間ゆっくり出来るので
ゆっくりしてる場合やないんやで。
という事で
いつものよう、何かをしなくてはならない感に襲われ
気が付くと

b0161715_01451158.jpg

また壁に穴が開いていました。
ついカッとなって…
やってしまいました。

b0161715_01464138.jpg

それはさて置き
久々に
そう。
かなり久々に鳥さんが手伝いに来てくれると言うので
その準備として
ありとあらゆる電線を排除しておく事にしました。

とんでもない量の電線がせせこましく走りまくっている上
ステープルがかなり錆びていて
木材と一体化し、その一本一本がとんでもファッキンな事になっています。

昔は
釘を打った後に塩水を掛け、敢えて錆びさせる事で保持力を上げたらしいですが
これがまさにそれです。

b0161715_01474083.jpg

土壁に埋没しているものもあったので、掘り出して
仮止めしておきました。
真ん中を境に
左が掘られた穴
右が救出されてぶら下げられたスイッチです。

なかなかスパルタンで斬新。
格好良いですね。


ビリッとくるとアレなので、ブレーカーを落としながらの作業になるわけですが
半日を費やしても思うように進まず、日暮れを迎えて暗くなってくると… また明日。
太陽を待ちます。

ステープルのあまりの頑強さに
ニッパーを握る手にマメが出来ました。
フルパワーで挟みながら
フルパワーでてこの原理を使って取り外していたんですが
怪我しなかったのが信じられません。
100本 くらい外しました。

陽も落ちてきたのでそろそろ終わりにしようか。と思いつつ
もうちょいやっとくか。と進めた箇所が肝だったようで
最も重要な線を二本。
プッチンしてしまいました。

母屋のブレーカーから仕事場に走っている、恐らくこいつが仕事場のメインだろう。と思っていた線を避けて作業していたのですが
どうやらこいつはフェイクだったようで… 目視する事の出来ない壁の中で交差し
先っちょがとんでもないところへ繋がっているようで ( 未だ確認できず。謎のままです )これには閉口しました。

これにより
給湯器と仕事場の照明が点かない。という
さすがにちょっと笑えない事態になりました。

陽も暮れて真っ暗。
スマホの明かりだけで
廃線を使って配線し直す ( ここは笑うところです )事になりました。

b0161715_01482332.jpg

出来上がったのがこの作品です。

扉を開けて仕事場へ入ると
目の前
ちょうど頭の高さ、空中に浮いています。
どう見ても罠にしか見えません。

まあ スパルタンな感じやからこれでいいや。と思ってブレーカーを上げました
点きません。

フェイクを摑まされ、次にメインだと信じた線までもがフェイクでした。
もうこうなると
外壁と軒下の間を走るアレがメインでした。という可能性まで出て来ました。
屋外を這う電線がメインって何。


とかく
壁の中や天井裏など
目視出来ないところを走っている線が余りに多いので、イチからやり直そうと思い立って今
こうなってるわけですが
やり切れるかどうか
不安になってきました。

b0161715_01490765.jpg

取り敢えず
確実に生きている線を探し、そこからリールを伸ばして
給湯器のそばへ設置。
これで湯が使える事になりました。
風呂に入れます。

そして
仕事場に明かりを取り戻すべく
スマホ片手にウロウロ。
棄てるつもりだった家電のプラグを切り取り
廃線を繋いで配線。
まさかの
蛍光灯をコンセントに直結。
という荒技で終わらせました。

太陽を待ち、リベンジします。

b0161715_01503663.jpg

一方では
棄てずにに置いておいた建具をひっぱり出し
水洗いをしてキレイに清掃しておきました。
今 乾燥中です。

これがどうなるのか…ッ


普通に建具として使います。
もちろん
罠っぽさもスパルタンさもありません

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2016-12-11 01:43 | 改築: Renovation