普限窯 火止め

先日 普限窯の窯焚きが終わりました。
ちょっと間、お疲れさん休暇という事で
半日ほど寝倒し、夜中に伊賀へ帰って来ました。

どうもこんばんは。motomanです。

島ヶ原は夕刻を過ぎると、なかなかの寒さで
うそん。
未だ秋やのにこんな感じ?と思いながら
家中の窓や扉を、そっと締めざるを得ません。

このままでは眠る事すらままならん。と
窯焚きバイトで稼いだお金を握り締め
ふっわふわの敷き布団用パッドと
ダウンジャケットを掛け布団にしたような
シャカシャカなものを買いました。

帰宅し、喜び勇んでセットしようとした時
気付いたんです。

夏から使っていた… 
ひんやり敷きパッドをそのまま使っていた事に。


そら寒いで。とつぶやき
ひんやり敷きパッドを裏返しました。
今日 買った、ふっわふわの敷きパッドは温存しておきます。
暖かいパッドを温存ってのもアレですが
これからもっと寒くなった時、打つ手が無いと
生きる気力を削がれかねないからです。

ひんやりパッドの裏側でどこまで戦えるのか
楽しみです。

b0161715_00534002.jpg

そんなわけで
胴木間の穴という穴を閉じ
胴木は終了。
一の間へ上がります。

何ヶ月ぶりかで
ケータイでブログ書いてるんですが
写真のサイズは大丈夫なんでしょうか。

b0161715_00582175.jpg

小割りを投入しまくります。
バックファイアでえらい事になりますが
顔面と手先が限界を迎えるまで
とにかく投入しまくり、先ずは燠床作りです。

b0161715_01033804.jpg

ロストルとダンパーをいじり
一の間の焼成が始まりました。

私のパートナーは幸か不幸か
ほっかむりくまさんです。

b0161715_01064720.jpg

一の間を改造し
ロストルの口を大きくし
空気の供給量が従来の 3倍 ( 当社比 )になった事に加え
ブロワというアイテムも増設されたので
嫌ほど遊ばせてもらいました。

天井の高いこの一の間を
6時間 で目標温度の 1230℃ まで上げられたので
悪くなかったです。


今回も、ひと棚分だけ炭桟切の用意をしておいたので
ゴソゴソとやり始めます。

b0161715_01191857.jpg

言うて
ひと棚だけなので、すぐに終了。
金沢メンバーと私が炭を入れた後
備前で修行した中尾くんにチェックしてもらい
これにて一件落着。

第19回 普限窯の窯焚き
無事 火止め。と
相成りました。


今回は早焚きで
胴木間の目標温度 1270℃ までが
いつもより 15時間 ほど速く
高温域の時間帯が長かったせいか
歳を食ったせいか…
どっと疲れました。


伊賀での窯焚きの仕事がかぶり
行けないはずだった窯出しでしたが
予定が少し変わり、立ち会える事になったので
日曜日を楽しみに待ちつつ
大工仕事と料理に心血を注ごうと思います。


あと作陶な

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2015-10-17 00:34 | 薪窯 : Wood-fired kiln