佳境

ハーベストを出て
左へ曲がると作業場への道
右へ曲がると自宅への道。

微塵も迷う事なく
私はステアリングを右へと切り込みました。

どうもこんばんは。motomanです。

最近こんな事ばかり言ってる気がしますが
歳を感じずにはおれません。

b0161715_13291766.jpg

まあ
急ぎ作らねばならんものが落ち着いたので
たまに気を抜くのも
良しとしましょう。

b0161715_13294153.jpg

窯焚きの際
耐火度の高い、牛革製の手袋を使うと
火傷の心配は皆無と言っても良いでしょう。

私の場合、薪の投げ込みの時や
引き出し作業の時
燠を配ったりする時も
軍手を二重にして使っています。

連日 同じものを使っていると
世界中で私の手のみに完全フィットする
あたかも
私の為だけに作られたかのような
ものすごい立体感を醸し出します。

b0161715_13292964.jpg

牛革手袋は
確かに耐火度は高いのですが、作業性が悪く
イラっとくるので使わなくなりました。

ポイントさえ気をつけておけば
軍手だけで充分だと思います。

b0161715_13295714.jpg

投げ込み本数が増えてくると
薪を投げ入れる度
指先を地味に炙られているようなもので
ヒリヒリと痺れてきます。

きつね色になってきたらば要注意。
指先に穴が空いたものを使うとえらい事になるので

b0161715_1330560.jpg

このように
再利用するのがベストだと思われます。
手元の薪が無くなると
補充してくれる
わけでもないので
ご苦労さんの意味を込め、このような死に化粧を施してから
ゴミ箱に投げ込みます。


遊んでいるわけではありませんよ。
ああ
疲れがピークに差し掛かっているのだな。
最後まで怪我に気をつけていこう。と
ふんどしを締め直す、大事な儀式みたいなもんです

ブログランキング

[PR]

by t_durden | 2015-04-12 01:13 | 薪窯 : Wood-fired kiln