焚きポジ

またかい。って感じですが
昨晩から窯焚きに入ってます。

どうもこんにちは。motomanです。

つまり、例のごとく
また連日…窯焚きの様子がアップされ続ける事となります。
よく飽きませんね。

b0161715_153465.jpg

大阪は堺にある、ハーベストの丘の窯焚きで
私は 3度目 となります。
一応… 窯焚き = 特殊技能 という事で
仕事として依頼されているので
大人の火遊びをしながらお金がもらえてしまう。という
私にうってつけの話です。


昨日の 13時 に火入れ。
私は例によって
連日連夜、夜中を担当します。

b0161715_1531128.jpg

昨晩は炙りの段階なので
ちょっと厚着チックで挑みましたが
思ったほどでなくて良かったです。

b0161715_1535978.jpg

ハーベストの窯焚き名物、多彩なプレートも頂きました。

窯焚きが始まるといつも
番手に入る直前に起床するようにリズムを調節するので
家を出る前にしっかりご飯を食べ、万全の体調で挑むのですが
いつもペロリと食べてしまいます。

最大で 2.5プレート いっちゃった事もあります。
美味しいんです。

b0161715_1542245.jpg

まあそれはアレとして
昨晩は炙りだったので、ひじょおおおおおおおおおにまったりと投げ込み続けていました。

今回は何をテーマにやってみようかな。と考えてみましたが
前回のハーベストの時同様、薪のスロウイング ・ テクニックを鍛える事にしました。
燠床の上で格子状になるよう、スナップを利かせて投げ続けます。
キャンプ ・ ファイア的なものが出来上がれば良し。です。

遊んでいるわけじゃありませんし
暇なわけでもありません。
狙ったように薪が投げれるかどうか。というのは
ウソのようで割と真面目に…大事な事です。

b0161715_1532948.jpg

色々な窯場へお邪魔し、焚いていると
いかに体力を温存する事が出来るか ! が意外と重要だと気付きます。
ウソのようで割と真面目に…大事な事です。

前に普限窯に焚きに来た若い子が、あまりに張り切り過ぎて
柳ユーレイみたいに蒼白になって帰って行きました。
何をしてる。って
ただ薪をくべているだけ。
なんですが
どういったわけか、ものすごく疲れるんですよね。

そこで
" 焚きポジ " というものを考えるようになりまして。
焚いている時の位置取りをどうするべきか。という、別になんて事のない
言い換えるならば
いかに全力で楽をするべきか。というもので
昨晩はこのようになりました。

いわゆる
" コタツの陣 " です。

炙り段階だったので、炉内の温度は 300℃ ほど。
若干 風が肌に寒かったので、椅子の位置は焚き口の真横
最小限の動きで済むよう、薪は目の前に積んでおき
プレートは窯の天面でほんのりと暖めつつ
左手方向にはブレンディーとパンを常備していて
超薄型 TV のリモコンとみかんこそありませんが
今回はこのスタイルで挑みました。


余裕で勝ちました。


こいつ遊んでんちゃうか。って感じですが
ウソのようで割と真面目に…大事な事です。

海外ドラマでよく
なに調子のってデスクの上に足置いてんねん。降ろせ新人。
というシーンがありますが
私はああいった格好で窯を焚いている事が多いです。
12時間 窯焚いてると、足がむくむというか
疲れが足にくるんです。
それが
" on the desk , sry sir の構え " をする事で、血流が良くなり
天と地ほどの差が生まれるのです。

ハーベストは 丸6日間 焚くので
窯焚きとしては長い部類に入ります。
略して ODS の構え は私がこれまでに編み出した中で最も有効ですが
それを凌駕する焚きポジはどんなものであるか。を考えながら
12日 の朝まで焚いてきます。


寝ます

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-04-07 15:40 | 薪窯 : Wood-fired kiln