Fix

宣言通り。
むっちゃ寝ました。

睡眠って大事ですね。
身体が元に戻りました。

彼の所業によって傷つけられた私の品々は
直る事はありませんでした。

どうもこんばんは。motomanです。


先日の彼は…いじられればいじられるほど生き生きとしてくるので
もう いじってあげません。

b0161715_0212372.jpg

そんなわけで
普限窯の準備が整いました。
8時間後 あたり。
明日の朝には火入れです。

これらのぐい呑みは、和歌山の備前窯で焼いて頂いたもので
極渋な焼きを入れてもらいました。

b0161715_021150.jpg

薪窯に携わるようになり、色々な方に色々な事を教えて頂きました。

薪の選定から焚き方
窯の形状や土の選定。

b0161715_021851.jpg

覚悟と準備
管理と責任。

いつになるかはシリマセンが
それらを踏まえ、私が出来る範囲で出来る事をやろう。と ( そらそう )
色々と考えています。

b0161715_0211591.jpg

これは燃料の問題ではなく
電気 ・ 灯油 ・ ガス ・ 炭 ・ 薪
それぞれに特徴があり、それぞれの焼きがあり。

今の私は薪と炭に強い関心を持っているので
耐火レンガを組み、窯を作りたいな。と考えてます。
この 4年間 で学んだ事を、土に全てぶつけてやるぜ。とか息巻いてるわけです。



真似をしてみて基本はある程度、推測する事は出来ますが
実際にやってみると色々な疑問が出てきます。

b0161715_022150.jpg

そこらへんを調整していく作業が非常に大変で
それが
高価な燃料を使う薪窯となれば、その回数も限られてきます。

自分の窯で年に 2回 、焼成すると仮定すると
元気に身体が動くうち、あと何回…窯焚きが出来るのかと思うと
たかだか知れています。

そういう意味も込め、焚き手として焼成をお手伝いする事で幾つかの品を焼いてもらい
テストの回数を増やし、様々なデータを集めてきたつもりです。


普限窯の一の間は、作りとしては備前狙いの形状となっていますが
その割に背が高く、備前のような焼きを目指すのであれば
焼成時間不足は周知の事実であるし
備前を狙っていては備前の作家さん方に敵うはずもありません。

そこで
普限窯の一の間を使い、窯に合った備前風のものを狙い
得られた品を見て少しずつ…焚き方や土を変え
この窯ならではのものを模索しよう。と昨年の秋頃からデータを集め
今回で 3回目 。
そろそろ基本的な焚き方を決めにかかろう。と
いつもよりも気を張る一の間となりそうです。


桟切用のスコップも
これまでの経験から形状を変えた、新しいものが用意されました。

b0161715_0221239.jpg

ある水準を超えたものを狙いたいので
これまで一の間を任されてきた身としては…なかなかのプレッシャです。

今までは鉄分を含んだ土をメインに試してきましたが
今回は白土も入れてみました。
良い結果とデータが得られれば良いのですが。

おこがましいですよ。
おこがましいですが
形としては一応…岡部 嶺男氏の薔薇高台をイメージしてみました。

b0161715_0221972.jpg

一方、胴木間には茶盌を 2つ 入れる事にしました。

こういったものを作りました。

b0161715_0224979.jpg

茶盌を伏せて焼く為だけの台座みたいなもんです。

1つ は燠にゴッソリ埋まり続ける場所なので
窯焚きが始まり、中盤あたりに差し掛かって攻め焚きが終わり
燠を溜める作業に入ると
火止めまで見えなくなる事でしょう。

もう 1つ は、いわゆる…どじょうになっていて
大壺の裏側、棚組みとの間にあるので
燠が予想通り溜められるかどうかは…やってみなくてはわかりません。

ある意味
燠に埋もれたり頭を出したりした方が面白いんじゃあないか。と思っているので
結果がどちらに転んでも楽しみです。

柳の下のどじょう。という事で
大壺や花入など、火床に置いた大きなものの足下に小さなものを入れる事をそう呼んでいますが
たぶん一般的ではありません。
ごく一部の窯場でしか通じないと思います。

b0161715_025390.jpg

最後に…どうでも良い後日談ですが。
SS を撮ってみました。

結局
webssearch に感染してしまい、それを全て消し去るのに苦労しました。

駆除したつもりがブラウザがイッちゃってて
どうしたもんかと思ってました。
webssearch が切り込み隊長で
しょーもないウィルスが数を成して襲ってきていたようです。


普通にインストールし直してもダメだったので
FireFox に関する、ブックマーク以外の全てのデータを消去。
再びインストールする事で快適な環境を取り戻せました。

なかなか長い戦いで
YouTube で音楽を流しながら駆除していたのですが
SS を改めて見てみると
" 落ち込んだ人を全力で応援する洋楽 " で
曲も " Fix you " だった事に気付き
何の皮肉やねん。
Fix me plz !!!
と叫びたかったです。


メガネの彼に割られた品々は直りません。
睡眠で私の身体は治りました。
ウィルスも駆除し、 PC環境 も直りました。

あとは
明日から始まる窯焚きで
一の間の焼成をどう、微調整していくか。です。

一の間の焼きが良ければ…全てを Fix し切った事になります。
手に汗握りながら焚いてきます

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-03-18 01:11 | 薪窯 : Wood-fired kiln