ええやないか

先日。
情けなさが募り過ぎると涙腺が緩む。とかなんとか書きましたが
あれは間違いでした。

笑うしかなくなります。

どうもこんばんは。motomanです。

なんだかんだと起こり過ぎた昨今、私は先程
明日…完全オフとし、一日中寝てやる。と決心しました。

b0161715_2453727.jpg

今日は早朝に起床、窯出しをする為に天見へと車を走らせました。

ちょっと変わった焼き方をしたらば
ル ・ クルーゼみたいなシャレオツったものが出てきました。

アフターです。

b0161715_2454470.jpg

まあ
あまりの乾かなさに、素焼き前に炙らなければならない。という事態にいい加減イラッときたのと
悲しい金銭的理由で
時間と電気代をケチり…低温で素焼きしたらこうなりました。という話なんですが
こんな冴えた土色は珍しいので
もう
これでええやないか。と思いました。

左上あたりに入っているものがビフォーです。

b0161715_2455936.jpg

昨晩 作っておいた釉薬を携え
普限窯へと向かいました。

b0161715_246950.jpg

右がビフォー
左がアフターです。

薪を効率よく燃焼させる為、焚き口の下にロストルというものが設けられているのですが
そこに使われているレンガです。

焚き口が最も温度が高くなるので、いかに耐火レンガと言えど…チビッてきます。
1年 でこれだけチビちゃいました。

b0161715_2461521.jpg

ので
新しいものに取り替えました。

準備オッケィです。

窯主の小山さんが胴木間を窯詰めする中、私と
いつも曇ったメガネをかけている N尾くん は、一の間の窯詰め準備を始めました。

b0161715_2462320.jpg

取り敢えず…私は釉掛けからです。

鉄系の類のものをバシャーっと掛けました。

b0161715_2463064.jpg

今回 初の試みとなる、いわゆる低温釉も掛けました。
無鉛のフリット系です。

何か
片栗粉みたいですね。
粉末状で購入してみたもので、触った感じ
あ、片栗粉みたいやな。とか思ってたんですが
聞いていた以上の沈殿の速さっぷりで
ひとつ掛ける毎に撹拌せねばならぬくらい
カタクリッコしてました。

濃度はシャバめにし、何度も柄杓掛けをして
敢えてムラを作る。としてみましたが
もう
これで完成やったら格好ええやないか。と思いました。

b0161715_2463983.jpg

何故 低温釉を使ったのかと言いますと。
今回の一の間も、昨年の流れのひとつの節目として
備前風の低温焼成にしよう。となったからで、温度計表示で
前々回が 1200℃
前回が 1180℃
今回が 1150℃ と設定したからです。

よって
今回も…緋襷と炭桟切を狙います。

藁を巻いたりぼたもちをのっけたり、目土を立てたり。と
色々と準備しました。


私は釉を掛ける類のものが多く、自分の組み物を全て終えた
いつも曇ったメガネをかけている N尾くん に先に窯詰めを始めてもらいました。

b0161715_2464959.jpg


自分の品を狭間穴に幾つか入れ、私は再び釉掛け作業に戻りました。


するとどうでしょう。

曇ったメガネの N尾くん は事もあろうか
私の渾身の茶盌を割ってしまいました。


罪を憎んで人を憎まず。と言いますか
共同で作業をしているのだから有り得る事で、まあ致し方ない。と言いますか
まあしょうがないです。

b0161715_247217.jpg

作業は地味に、しかし着々と進み
炭桟切を狙う、上段の棚に差し掛かりました。

磁土の桟切を試してみよう。と
フタものを用意していましたが、よく見て頂ければわかるよう
フタのてっぺんがギザギザになっています。

メガネの N尾くん が手をすべらせて割って下さいました。


仏の顔も三度まで。と言いますか
共同で作業をしているのだから有り得る事で、まあ致し方ない。と言いますか
まあしょうがないです。

b0161715_2453727.jpg


ここでル ・ クルーゼが再び登場します。

キメの細かい土を丁寧に削ったものですが

b0161715_247217.jpg


これも再び登場します。

左手前のル ・ クルーゼの口縁あたりをよく見てみて下さい。
フタを支える目土がかぶっていて見え辛いですが
欠けているのがお分かり頂けるかと思います。

メガ尾くん が割って下さいました。


さんそうでもヨットと言いますか
共同で作業をしているのだから有り得る事で、まあ致し方ない。と言いますか
もう
ええやないか。

b0161715_247964.jpg

ほんまごめん。と猫なで声で謝罪された後
まあしょうがない。と
交代しながら作業を進め、最上段あたりに差し掛かり
棚板を置くのに足をプルプルさせている時
この男。

事もあろうか
狭い窯の中で屁こきよったんです。

ダンパー全開にしろ。とか言うてる場合じゃないです。


もっと言えば
窯詰めが終わるのは夜遅くになるだろう。という予測の下
共に作業をする屁こき虫の為、米を食ってカを出してもらわねば。と
窯場へ行くまでに寄ったスーパーで、虫の分の弁当も買っておいたんです。
私が身銭を切って買った弁当を消化したガスなわけです。


恩を屁で返すと言いますか
もう本当に
もう
もう
もうええやないか。と心底思いました。

b0161715_2471570.jpg

ここまで打ちのめされると
また涙腺が緩むのかと思いきや
笑うしかなかったです。


そんなわけで
無事に一の間の窯詰めも終え、窯場をキレイに掃除して
いよいよ火入れを待つのみとなりました。


お陰様で心底疲れたので
明日は完全オフ。とした次第です。


もうええやないか。ってくらい
世界中の誰よりも。
安らかに眠ってやります

ブログランキング
[PR]

by t_durden | 2015-03-17 03:46 | 薪窯 : Wood-fired kiln