ハーベストの丘

あれは確か… 2年 ほど前だったでしょうか。
喜楽窯を焚いていた際、ハーベストの丘の階元さんが遊びにいらっしゃり
ちょうどハーベストも窯を焚いているから。と
窯焚きの様子を見せて頂いた事があります。

それ以降はお邪魔する機会がなかなか無かったのですが
この度、窯焚きヘルプのお話を頂きまして。
喜楽歩の仕事を休ませて頂き……一週間まるまる窯焚きさせてもらっています。
スミマセン…

どうもこんにちは。motomanです。

12日 の火曜日の深夜から入っているので、実はもうすでに 3日目 です。

b0161715_12575317.jpg

昨晩から今日にかけ、一の間に移行してます。

時系列でアレしますと

b0161715_125876.jpg

窯の全景です。

私が今まで焚いた事のある窯は
穴窯 2基
半登り ?? とでも言うのでしょうか、胴木間 + 一の間 が 1基 と
連房式の薪窯は焚いた事が無く
また
窯場によって色々な焚き方をするので、胴木間であっても
私が知らない事が沢山あるのだろう。と
興味津々で参加させて頂いた次第です。

この窯は 三の間 まである登りで
もちろん登りであるが故、一の間以降は釉ものを入れるのが普通ですが
今回は焼き締めの作品のみ入っています。

b0161715_12581837.jpg

窯の近くに水脈が走っているらしく
毎回 焚く度に炙りから入るそうで、まる 24時間 近く
300 ~ 400℃ あたりで炙り続けました。

上記の温度が曖昧なのは
胴木間に温度計を挿していないので、一の間の温度計でしか温度がわからない為です。

加えて言うと…火吹きもありません。

b0161715_12583057.jpg

建屋の形状から、煙突からの煙も直視出来ない為
薪をくべるタイミングを知るのは
薪が焼ける音のみで
そろそろかな。と思ってフタを開いた時の薪の様子を見て
音と実際の薪の様子の誤差を修正していきます。

b0161715_12584558.jpg

以前 そういった穴窯を焚いた事があり
当時は不安で仕方無かったものの、その窯の時は温度計があった為
それが次に薪をくべるタイミングを知る基準となっていました。

今回は温度計が無い状態で胴木間を炊き上げる事となり
若干の不安はあったものの
2 ~ 3時間 でだいたいのペースは掴めましたし
引きの良い窯で昇温させ易かったので特に問題ありませんでした。

b0161715_12585373.jpg

2日目 からは攻め焚き。
どんどん昇温させていきました。

昇温させ易い窯だと聞いていましたし
実際焚いてみて引きが確かに強く、一の間の温度もどんどん上がっていきますしで不安無く。
品のテカり加減、薪の燃焼速度、炎の色
焚き口を開けた時の熱さでだいたいの温度が判断できます。

b0161715_12591190.jpg

そんなこんなで 64時間後 の昨晩、コーンと品の状態を見て 1300℃ に達したと判断
胴木間の焼成を終了としました。

どういう風に終わるのかが注目すべき点でしたが、この窯では
大くべをせず、空気口を閉め
薪が燃え切るのを待って焚き口を閉める。というやり方でした。

この窯でも基本的に還元焼成なので
どのような除冷還元っぷりになるのかが楽しみです。

b0161715_12592881.jpg

その後 一の間に上がり、横挿しで昇温を狙います。
胴木間が比較的小さいせいか、胴木間が終わった時点での温度がかなり高めで
すでに 1050℃ に達していました。

b0161715_1259353.jpg

いつもの感じで言うと、だいたい 36時間 前後で焼成終了。
どんどん上に上がっていくようで
私がこの窯焚きで注目したかったのは
横挿しをどんな感じで行うのか。という点と
次の部屋へ移る時の手順の 2点 が主なところです。


今まで一の間の横挿しは 2度 体験しましたが
その窯は備前焼を想定している為、背が高く
焚き口を上下に 2つ 設けて焚きました。

この窯は信楽を獲るのに適した設計になっているので、背も高くなく
投げ込みのみでまんべんなく昇温が出来るようでした。

前述した通り、一般的には登りの一の間以降は釉ものを獲るのに適していますが
今回は焼き締めがほとんどという事で
36時間 前後の焼成時間でどれくらい灰が掛けられるものなのか
とても興味深いですね。

b0161715_12594182.jpg

夜が明ける頃
すぐ近くにある無人の観覧車がうっすらと浮かび上がります。

なかなか…
人の居ない、こういった
人の為だけに在るものを見ると
色々と感じるところがありますね。


私が担当する夜中の番は基本的に独りですが
今晩は心強い助っ人が来てくれます。

窯焚き終了予定まで…あと 4回 番をします。

小さな事でも吸収出来るよう、火曜日までスポンヂになっときます。


今晩に備え
おやすみなさい

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-11-15 13:58 | 薪窯 : Wood-fired kiln