喜楽窯 火止め

三寒四温とはよく言ったモンで。
いやあ…寒い想いをしましたね。

まあ
私は窯焚きだったので、暖かく快適に過ごせました。

どうもおはようございます。motomanです。

喜楽窯 焼成終了しました。

b0161715_6551795.jpg

空気穴からロストルの下を覗き込んだ画。

一眼デジカメを持っていながら
知識も探究心も望遠も持っていない私は、ついつい iPhone で撮影してしまいますが
炎に近づけて近づけて撮影する為か、見ている人に
ケータイよく溶けないですね。なんて言われます。

言うて十数秒ほどの事ですし、ケースがジュラルミン製である事もあってか
特に何という事もなく…撮影できちゃっています。

b0161715_6553025.jpg

空気穴ギリギリまで近付いて接写するとこんな感じです。

レンガを画に入れず、撮りたいものだけが写っているのがお好みです。
望遠をつけた一眼デジカメで…ドアップで撮ってみたいですねえ。
スポーツ選手を狙うバズーカみたいなレンズで
炎の一瞬のゆらめきを撮りたい…

b0161715_6554033.jpg

時々、見える範囲に
ヤニが浮いてくる事があります。

赤松の持つこのヤニのおかげで
高温度帯でも昇温させられます。


21時 からの 9時間 、みっちりと真剣に焚かせてもらいました。
時々 八田さんの指示を受け
何故そうするのかを長考してみて納得してみたり。
よくわからなければ訊いてみたり。

わかっていると思っていた事を再度確認したり
間違って解釈していたり…
焚きを手伝わせてもらう度、発見があるのは
私の至らぬところであり、快感でもあったり。

b0161715_6554647.jpg

色見を出してみると、キレイに溶けている上
釉の濃淡の違いが良い感じに表情の変化と成っていて
早く品を見たいなァ。と、期待感を煽る焼きになっていました。


1本 の引き出しを終え、終了予定時刻の 6時 が近付き
徐々に空が白んできました。

b0161715_6555322.jpg

大くべをし、焚き口をレンガで閉じ
ダンパーを閉め、黒煙が収まるのをしばし待ち
空気穴もレンガで閉じ、隙間を道具土で埋め…

終了。


引き出しの際、私の小壷の確認をお願いすると
ちゃんとおるで。との事。
取り敢えずは一安心です。

いやァ。
楽しみだなあ。

b0161715_6555989.jpg

昨日に引き続き、今日も寒いとの事。
車に霜が降りてピキピキしていました。

と、いうわけで

b0161715_656625.jpg

恒例の壁紙用写真です ^^


今月末にもう一度焼成するとの事。
上半期だけで私が携われるであろう窯焚きが
ざっと数えて…まだ 5回 もあります。
まだ 5回 されど 5回 。

1つ の窯で、年に 2度 焚くのが一般的なペースでしょうか。
私が元気に動ける…残された時間が 30数年だとして
年 2回 ペースならば
あとたったの 70回 。
一生のうちに焚ける回数が 70回 。

有り難き事この上なし。
回数が多ければ…土のテストも焼きの技術も知識も
得られる量が月とすっぽんです。


次の薪焼成は 1週間後 。
ドキがムネムネします

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2013-03-11 07:46 | 薪窯 : Wood-fired kiln