どこかの神社へ行った際、立てかけてあった看板に書かれていた
" 32歳 厄年 "
という文字が目に入り
ああ。
厄年ってほんまにあるんやなあ。
来年までは辛抱するしかないか。
とか思っていて、
俺 完璧に厄年やわ。
と人に話すと

それ 女。
お前 男。

と言われました。


ブランカみたいな喋り方すんなボケ。
って思いました。

どうもこんばんは。motomanです。

前にブログを更新したのはいつでしょう ??
冴えない私の近況でも記してみます。

毎日てっぺん超えが多過ぎて、カレンダーを見ても
今日が何曜日なのか
それ以前に、今日が何日なのかすらわからなくなっているので…

時系列に沿って書いてみようと思います。

b0161715_3255635.jpg

確か先月の末。

以前、友人の誘いで出張教室に行った時の品を焼きつつ
( 台風の影響で、結局のところ…残念ながら中止となってしまった )
和歌山でのミチシオ祭に向けて準備を進めつつ
別の友人に頼まれた品を包む箱と包装紙の到着を待ちつつ…
夜通しの窯焚きを担当していました。

遅ばせながら…出張教室の品を納め
ミチシオ祭中止の報せを聞いてカが抜け
送った品が届いていないというトラブルがあり、業者に詰め寄り
バタバタした月末でした。


来週 頭に窯出し予定の、喜楽窯に入れて頂いた品が楽しみです。
想像している黒が出るでしょうか。

b0161715_3265413.jpg

気候が涼しくなったとは言え、昼間は多少汗ばんだ今月の頭。
何をしていたのか記憶がありません。

まあ…水挽きしては削っての毎日だったと思います。

b0161715_327464.jpg

バカみたいに削ってたと思います。
削りカスがあっという間に溜まりまくりました。

b0161715_327124.jpg

この頃に焚いた本焼きで
窯の最下段に入れた品の釉薬の溶けがどうもおかしく
ささやかな疑問を抱きつつも、次の素焼きへ。

b0161715_3272257.jpg

新たな削り方、手順の改善など
ちょっとした嬉しい発見があったり。
なかったり。

b0161715_3273198.jpg

普限窯に入れて頂く品をエントリィしに行ったり。
窯詰めの際に割ってしもた。すまん!という電話があり
夜中に急いで作りに行ったり。

ほんと
何か色々ありました…

b0161715_3274020.jpg

引き出物の皿を大量に仕上げたり。
佳境に入った DAN T"EA に向けての仕事の最中
私の、バカな左手替わりの頼みの綱
真空土練機のポンプが故障したり…
( 現在進行形で…どうしよう )

b0161715_32801.jpg

そして普限窯の窯焚きが始まり
久々にお会いした、色々な方と話をして
ちょっと元気を回復したり

b0161715_4265485.jpg

いつの間にか乗っかっていた
頭の真上で体を左右に揺らすカマキリを、画面の中央に捉えて撮影する事に成功したり

b0161715_3285526.jpg

朝日に照らされ、ハイになっていて気付かなかった
溜まっていた疲れにやられて魂が抜けたり

b0161715_5155058.jpg

薪をくべ過ぎ
目にも止まらぬ…投げ込み速度を体得したり

>> Photo by A.P.S あーちゃん <<

今週末のイベントに出品する品をチェックしたり
ケータイのホームボタンが壊れたり
( これまたどうしよう )

b0161715_4333427.jpg

蜘蛛でもないのに必死に糸を張る、細長い緑色の未確認生物の罠にひっかかったり
( こいつは一体何なんだ )

b0161715_524816.jpg

そしてさきほど、普限窯にて。
とんでもない品が穫れました。


肩あたりまで熾に埋もれて黒味となり
それより上はビードロの緑と素地の白さが在る。という
全体的に黒っぽい中、それら 3色 が混じった…
滑らかなフォルムにゴツゴツしたテクスチャがのった花入が欲しい。
と、エントリィしましたが…

予想を超えた品となりました。

黒を基調とし、ダンディさを醸し出したいぜ。なんて思ってましたが
それに輪をかけた渋さがのっかりました。


引出し灰被り窯変…伊賀焼…とでも言いましょうか…

使った土もフォルムも、伊賀焼というくくりの中では異質の物なので
とんでもなく良い品 ! というわけではなく
とんでもなく良い " 焼き " という意味なのがいささかアレですが
冷めるまで待ち
手にして震えがきました。


DAN T"EA に出品するので、今回はお見せできまセン ;;

b0161715_4322290.jpg

一方で
私の窯が火を吹いて故障したりしていました。




アカンがな。




それと共に、電熱線が切れてしまいました。
かろうじて繋がっていた、私の陶芸生活も切れそうです。

以後、更新が無ければ
私は帰らぬ人となった。と認識して下さい。


修理するお金も
次のイベントまでのタイムリミットも
どうすれば最善かを考える余力も体力もありません。

やはり私は今年、厄年のようです。
とどのつまり
実は女性だったようです。


さよなら。さよなら。
さよなら

ブログランキングへ

↑ 工芸部門ランキング参加中
  クリックした時点で投票完了(1日1回 限り有効)
  ポチッと押していただければ幸いです
[PR]

by t_durden | 2012-10-07 05:08 | 薪窯 : Wood-fired kiln